旧日本人のための脱・奴隷ライフ!

2016~2017年9月まで脱・奴隷ライフという活動名称で続けていた情報発信をやっていましたが、今現在は一旦休止しています。 今まで各種のソーシャルメディアなどでナバターの脱・奴隷ライフ関連の情報発信をみてくれた皆さんありがとうございました。 また状況が改善されれば、何らかの形で新たな社会的な活動をやれればと思いますので、よろしくお願いします。

ブログ記事に関するメッセージをLINE@から受けつけています。

友だち追加

Facebookの個人ページでの情報配信に関してなのですが、自分に関してはなのですが、この間立ち上げたなぜ人は変わるのかなどの手続き上商取引(ビジネス)が発生するコンテンツは、個人ページでは扱わないようにしていきます。

いわゆる怪しげな情報商材のようになってしまうのも避けるという意味合いもあるのですが、個人的にはそうやってFacebookの個人のフィードを使って、商品を売り込むのはちょっと違うかなって思っています。

Facebookのフレンド数、Twitterのフォロワー数を増やして、自分の商材を売り込んで行くというのは、あまりやりすぎると特定商取引法などで今後規制されてしまう恐れがあると思っています。

行政処分の事例。
http://www.no-trouble.go.jp/search/action/pdf/20161104ac01.pdf

別にFacebookの規約に違反してるわけでもないし、 商品ページの紹介やリンクを貼るのならいいような気もするのですが、個人的にはやらない方針でいきたいと思います。

それとは別にこんなコンテンツ作ってますとか、こんな感じで運営してますなどのちょっとしたアピールであれば、個人ページでも積極的にやっていってもいいかなって思ってます。

それも営業活動だと、いわれればそうなのかもしれませんけど、そのあたりのラインは難しいところで、判断できないですね。

Facebookページであれば、企業の商品紹介などもできるので、なぜ人は変わるのかの入会案内に関しては、脱・奴隷コミュニティでどんどんやっていこうと思います。

そういえば、今日はなぜ人は変わるのかの音声を収録する日なのですが、インターネットとお金に関しての話題を扱いたいと思っているので、そのあたりの自分の考えを音声にしてみようかなと思っています。

 続きを読む





なぜ人は変わるのかのメンバー募集が可能になり一応一段落ついたので、4年ぶりくらいに運動しました。

割りと近くに大きな公園があるので、そこで軽いウォーキングとジョギングを Want to でやってきました。

ウォーキング

(上記の画像は、軽いウォーキングの様子。)

久しぶりどころかあまりにもからだを動かすという習慣が消えていたので、本当に4年ぶりなのかは事実かどうかはわからないのですが・・・

2012年より以前はNintendoのWii Fit(懐かしい)をやっていて、けっこう運動に対する意識があったのですが、2012年より現在は会社での労働や社労士試験などの膨大な have to に追われ、まったく運動する習慣がなくなったようです。

NintendoのWii もその後失速してしまって、からだを動かして楽しむゲームはスマホゲームなどに取って代わられたという時代の流れもあったように思えます。

なんせ自分の中で、運動をする(自分の意志でからだを動かす)という習慣がなくなってしまったのは間違いないです。

といいますか、これだけテクノロジーが進歩しているので、人間が肉体を使う活動がどんどん減ってきているので、運動不足になるのは仕方ないところだと思います。

もちろん移動や雑務、生活などでまったくからだを使わないというわけではありませんが、基本これらは別にやりたくて動いているというより、仕方なく動いているというのがあるので、これだけでは運動不足解消にはならないでしょう。

長年やってないスポーツ(というか部活)をいきなりやるのもかなりハードルが高く心理的肉体的に負担になるので、have to を感じずにやれるなにか良い方法はないものかと常々思っていたところです。

そういえばNavatar が参加しているイケジュンジムでイケジュンさんがからだを動かすとメンタルにもいい影響がおよぶらしいという情報を発信していたので、この機会にWant to でやってみようと思い、4年ぶりにジョギングコースなどがある広い公園にいったわけです。

44

(真っ暗でした。)

公園でジョギングしている時に思ったことなんですが、そもそも多くの人って、元々運動する習慣なんてないんだろうなって思いましたね。

スポーツが好きでずっとやっている人はまぁ別として、自分も含めて多くの人たちは運動する習慣=学校の授業+部活動しかないと思われます。

あと塾などの習い事の延長線上でやってる人はいるかもしれません。

まぁいずれにしても、勉強と同じで運動という習慣も誰かの指示でやらされてできあがったものなんだと改めて思いましたね。

あと健康ビジネスでやたらと運動不足=悪みたいな事を煽っている輩とかも同様。

そういう輩は今のネットが普及した世の中でもメールを紙の文書で東京から大阪まで走って届ければよろしい。

個人的に球技は好きなのですが、部活動でやってたスポーツも学校教育の延長上の産物なので、基本的には続けたいとは思いません。

やはり自分がやりたくてやる事でないと習慣(コンフォートゾーン)にはならないでしょう。

となると、 やはりマインドの脱・奴隷だけでなく運動不足からの脱却もかなり困難になると思うのですが、以前はNintendoのWii Fitで今回はイケジュンジムの健康情報(?)でジョギングまでいけたので、少しずつ自分の意思で動ける情報を取り入れていくことが重要なのかなって思いましたね。

マインドの脱・奴隷をやるには、Want to でからだを動かしていくこともプラスになるのかもしれませんね。



rompiendo-la-barrera-tecnolgica-juan-andrs-lagranje-1-638

続きを読む

16


新しいアファメーションをまた1つ作りました。

良いアファメーションを作りましたが、ドリームキラーがあらわれるので、原則ウェブに公開されたブログには書けません( ̄ー ̄)ニヤリッ 

しかしこれだと、ブログに書くことができなくなってしまうので、自分が(過去に)実現しているアファメーションを特別に紹介したいと思います。

続きを読む

日本人ための脱・奴隷ライブ!(ツイキャスバージョン)
http://twitcasting.tv/f:1074251372617512/

ここ最近は、Facebookページと同時配信でやることが多くなっているツイキャスバージョンのライブ配信チャンネルです。

初見の方向けにちょくちょくライブ配信を提供していきたいです。

Facebookライブとくらべて、スマホで気軽に視聴できるのが、特徴でしょうか。

日本人のための脱・奴隷コミュニティのFacebookライブとあわせてよろしくお願いします。





続きを読む

寄付金・支援金などについて(201610月14日更新)

インターネットでの脱・奴隷活動と連動して、何かできるかを考えた結果、災害地域や紛争地域への義援金・支援金を超長期的に贈ることを考えています。

ご協力よろしくお願い致します。

以下のリンクから、広告収益(※情報配信のためのインフラ費用は差し引きます。)を災害地域や紛争地域に回します。

AmazonGoogleなどの広告収入から、脱・奴隷の情報配信のためのインフラ費を差し引いた収益の100%を信頼できる慈善団体などに寄付します。

例えば1000万円の広告収入があった場合は、インフラ費用を700万円とすると、寄付金額は300万円と理論上なります。

GoogleAmazonなどからの広告収入)-(脱奴隷活動費・情報配信インフラ費用)=(寄附金額)

100000007000000=3000000



Amazon:各種商品リンクから各自が各々に購入。購入するものが特に見当たらない場合は、ギフト券を推奨します。

例:Amazonギフト券



YouTube:ブログで紹介している寄付のための動画。及びその他の広告付き動画。

例:https://youtu.be/-9_oM0rr3QE


寄付活動を行った際は、ブログ、SNSなどで報告を行います。


また自治体NPOなどが直接おこなっている寄付・納税のリンクも貼っているので、もしそちらの方が良いという場合は、下記リンクからどうぞ。



難民支援

URLhttps://www.japanforunhcr.org/lp/refugee_children?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=005_%E9%9B%A3%E6%B0%91_%E5%8D%98%E4%BD%93&gclid=CjwKEAjwhILABRDwo8mlqt6ug38SJACNSq_k5Hr_JhnSnN8P5ZX1x5i0BntDhaa9ou2c24qZ15O_jRoCoJrw_wcB



ふるさと納税についてのお知らせ / 熊本県

URLhttp://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15479.html



寄付活動・支援活動などに関するお問い合わせは下記から。

Gmaildarthnavatar@gmail.com

Skype IDtomoakinabata

 

続きを読む

↑このページのトップヘ