日本人のための脱・奴隷ライフ!

脱奴隷ライフ!執筆者のナバター(名畑智彬)です。 苫米地英人博士の書籍、青山龍コーチのビジネススクール、池田潤さんのイケジュンジム、TPIE、PX2などの各種ルー・タイス氏のコーチングプログラムで学んだ事をベースに世の中からの脱奴隷マインドを広めていくためのブログになります。 世の中に仕組まれた様々な洗脳ワールドから抜け出したくなる脱奴隷マインドになっていく情報を投稿していこうと思っています。 よろしくお願いします。

各ブログ記事への質問、感想、お問い合わせは、新しく開設したLINE@アカウント脱奴隷ですゝぬから。誤字・脱字などによる文章の訂正依頼などにもできうる限り応じていきますので、よろしくお願いします。

脱奴隷ですゝぬ
https://line.me/R/ti/p/@kkg0153r

サラリーマンを辞めたからといって、いきなりお金やビジネスに関するマインドが起業家マインドに切り替わるかというとそういうものでもない。

やはり人間は 心理学的な観点からいっても、過去のマインドに縛られるものだからだ。

自分もビジネスやお金に関しては、どうやらサラリーマンマインドに洗脳されているようだ。

最近それに気づき始めた。

 よく考えると、普段自分の社会環境、人間関係、買ったもの、よく使っているインターネットサービスなどほとんどそのすべては自分自身の過去のサラリーマンマインドによって形成されたものだ。

サラリーマン的な自分の所得に合わせて、モノやサービスを消費するマインドでは、無意識的にせよどうしてもそうなってしまう。

よくマスコミ報道で脅し文句に使われるサラリーマンを辞めるとヤバイことになるというのも、情報の配信者はサラリーマンでそこで出てくる事例も元サラリーマンだ。

 マインドがその程度なので、わざわざ視聴者や読者を不安に陥れるような情報を配信してしまう。

 まぁ確かに世の中的には、サラリーマンマインドのまま退職して独立したとしても、マインドがそのままでは、やはり何も変わらないように思える。

 では現状サラリーマンマインドの人は、そのまま変わらないかというと、そんなはずはないと自分は考える。

 自分もサラリーマンマインドのまま色んなものに手を出してしまいかなりのかなり負債をおってしまったが、そもそもにそのマインドがヤバイということにようやくだけど気づき始めたというところ。

 自分としては、いろいろお金に関して困ったことになるというのは、サラリーマンマインドが原因であると考えていて、そのマインドが原因で「現実的にお金が足りないという状態が作り出されている」のではないかという仮説にたどり着いた。

 人によっては・・・というか客観的にみると、退職してサラリーマンの所得がなくなったから、お金が足りなくなったからでは?という反射的に考える人は多いと思うが、自分はそれは短絡的な考えであると思っている。

 そもそも「サラリーマンを辞めると収入がなくなってお金が足りなくなるという前提」のマインドが自分としてはまずいと考えている。

 そういうマインドだと、サラリーマンを辞めると、リアルにお金が足りなくなるという現実が作り出されてしまうだろう。

 個人的な経験としては、お金に関してはそのような洗脳があったので、現実的にサラリーマンをしてない時は、実際にお金が足りなくなるという状態になったことがあります。

 これに対抗するには、やはりそもそものサラリーマンマインドを辞めることから始めないと、なんともならないと感じています。

 コーチング的にいうと、Belief system (信念)の変更ってことになるんでしょうか。

いつの間にそんなマインドになったのだろうか。

 それに対抗するには、やはり命がけの戦いになりそうな感じはしています。

続きを読む

Navatarの情報配信でイクっ! Episode7.mp3

URL:http://bit.ly/2aiL6Uu

Podcastの再配信のEpisode7になります。


続きを読む

Navatar です。

基本的に毎日更新できればと考えてインターネット上での情報配信はやっているのですが、 毎日義務的に更新しようとすると、have to~ (毎日更新しなければならない)を感じてしまい内容が手抜き感になります。

BLOGでなくても、メルマガとかでもそうですかね。

企業のメルマガとかそうですけど、大量に送りつけてくるのは良いのですが、テンプレ通りの配信が多いので、Gmailのフィルタリングでスパム扱いされる可能性も高いし、毎日配信しても読者に嫌われて、ゴミ箱やスパムフォルダに送り込まれたら、マジ終焉だと思います。

そういえば、とあるメルマガ配信システムをあるプロジェクト立ち上げの準備として試験運用しているのですが、テストメールを配信してみたら、Gmailではなんとスパム扱いされてしまいました・・・

 本契約した場合、3ヶ月で15000円程度のちゃんとしたサービスのはずなのに。大手企業もけっこう使ってるサービス。

 まぁテストメールが文章ではなかったので、たまたまGmailのフィルタリングに引っかかってしまっただけかもしれないのですが、ちゃんと内容を判別して、フィルタリングしてるなら、本当にヤバイなと思いましたね。

このあたりの詳しいことは最近読み始めた

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

にいろいろ書いてありますので、興味ある方は参考に。

あとで、この記事をメルマガで配信してみようと思います。

 


前置きが長くなってしまったのですが、本題に入りたいと思います。

最近このBLOGに限らず、情報配信が少し停滞してしまったのは、やはり自分の状態が少し悪くなってしまっていたからだと思います。

 やはり人間ネガティブなマインドになってる時は、あまり物事に集中できない感じになります。

 無理くりやろうとすれば、あまりうけの悪いBLOG記事になるでしょうし。過去にもFacebookなどで悪いことを投稿してアカウント消去に追い込まれたこともありました。(まぁ別にネガティブな事をソーシャルメディアに書き込んでも、アカウントは停止されないですが。)

 このあたり基本的には、インターネット上ではネガティブな事を書かないようにしよう!とかいうマナー的な事をいう人がたくさんいるのですが、それだけでは何も変わらないように思えます。

選挙に行って投票率をあげよう!でないと安倍政権の暴走は止まらない!みたいな主張と大差無いように自分は思えます。

 個人的には、仮にBLOGやソーシャルメディアでネガティブな情報配信が仮にされてしまった場合やしてしまった場合は、最初に書いたメルマガのようにGmailのフィルタリングのようにシステムで排除するのが良いかなって思います。

 今はあまり見てないのですが、2ちゃんねるのようにグロ画像やブラウザクラッシャーなどが拡散されていた時代に比べ、twitter、Facebookなどのソーシャルメディアでは多少ネガティブな情報や対人同士のトラブル、炎上などがあるとはいえ、ブラウザが落ちてPCがフリーズすることはなくなりました。

 そのうちこれらの対人関係から生まれるネガティブなやり取りもシステムで排除可能になってくるように思えます。

 人間のマインドによるネガティブ、ポジティブもインターネットによってコントロールするというのは、人間の個々人の能力を過小評価してしまっているようにも思えるのですが、ネットにつなげば、ポジティブになるという情報空間が形成されるのは悪くないかと思っています。

自分の感覚としては、少しずつではありますが、インターネットのコンテンツの質はあがっていると思います。

そうでないと、WikipediaやYouTubeのようなユーガー主体のサイトは成り立ちませんし。
(まぁ最近はYouTubeも企業広告が大量に出て、Wikipediaも寄付行為を押し付けてきますが。)

もちろん上記のような成功事例だけでなく、サイト運営に失敗して、サービスが継続できないというサイトもあるとは思いますけど。

 自分としては、過去の失敗事例に習い、より良いコンテンツ配信を心がけていきたいと思っています。

 続きを読む

Dropbox - Navatarの名言でイクっ! Episode6.mp3

URL:http://bit.ly/2adA8Q5

Dropboxでの再配信のEpisode6になります。

下記の配信で使用しているのは、下記の書籍になります。

興味がある方はぜひ読んでみてください。


続きを読む

Dropbox - Navatarの脱洗脳でイクっ! Episode5.mp3

URL:http://bit.ly/2agggLC

Podcastで配信したEpisodeシリーズのDropboxバージョンの再配信です。

よろしくお願いします。



 


続きを読む

↑このページのトップヘ