日本人のための脱・奴隷ライフ!

脱奴隷ライフ!執筆者のナバター(名畑智彬)です。 苫米地英人博士の書籍、青山龍コーチのビジネススクール、池田潤さんのイケジュンジム、TPIE、PX2などの各種ルー・タイス氏のコーチングプログラムで学んだ事をベースに世の中からの脱奴隷マインドを広めていくためのブログになります。 世の中に仕組まれた様々な洗脳ワールドから抜け出したくなる脱奴隷マインドになっていく情報を投稿していこうと思っています。 よろしくお願いします。

各ブログ記事への質問、感想、お問い合わせは、新しく開設したLINE@アカウント脱奴隷ですゝぬから。誤字・脱字などによる文章の訂正依頼などにもできうる限り応じていきますので、よろしくお願いします。

脱奴隷ですゝぬ
https://line.me/R/ti/p/@kkg0153r



以前にある事象が起こり、基本的には面識のない人とのLINEは一切しないことに決めています。

Facebookでは、挨拶、ちょっとした社交辞令などで個々人とのメッセージはしているのですが、LINEに関しては今後対象外としています。

年齢認証もありますし、さすがにまったく面識のない人と個々人でメッセージをやり取りを行うのは、セキュリティ上のリスクがあると考え、辞めることにしました。

スパム対策です。

Facebookだと、個人プロフィールなどである程度相手がわかるので、それほど問題ないとは思うのですが、LINE IDのみのやりとりは、非常に個人情報流出などのリスクが高いと考えています。

まぁGmail、Skypeもそういうリスクがないわけではないのですが・・・LINEよりはかなり対策は進んでいるでしょうし。

Gmailだと、スパムフィルタもかなり機能してますし、Skypeもまぁブロック機能がありますし。

LINEだと、 すべて個々人でそういうリスクを抱えないといけないので、とても疲れます。

 よって今後LINEによる身元不明者とのメッセージのやり取りをできるだけしないように心がけていきたいと思います。

 詳しくは上記のYouTubeライブのアーカイブで、語っています。

ちなみにBLOGタイトルは、とある放送作家さんの言葉を引用して、作りました。

 

続きを読む

Navatar です。

以前、ブログのPVや訪問者数だけ気にしても仕方ないというタイトルのブログ記事を投稿したのですが、あえてこの記事では、それらの数値にふれます。

ちなみにBLOGは更新が滞ると、そのまま更新しなくなる傾向が強いメディアですので、よほど文章を書くのが好きな人か何か文章で伝えることがある人でないと続かないですね。

have to マインドのブログを更新しなければ・・・という義務感だけでは、まず続かないです。ハイ。

あとBLOGにはだいたい簡易なアクセス解析ツールなどが搭載されていて、これでどれくらい人が自分のBLOGに訪問しているのかが、ほぼ把握できます。

芸能人BLOGなどは、別としてわざわざタレントでもない人のBLOGにコメントを付ける人はなかなかいないので、ほとんどのブログ配信者はこのアクセス解析ツールで、自分のBLOGを客観的に分析することになるのです。(あとlivedoorだと、BLOGランキングなどもありますね。)

ただそれだと、ランキング順位やページビューだけにどうしても注目がいってしまい、何かやる気が削がれることがけっこうあります。

 まぁページビューや訪問者数もブログの価値を表す重要な数字なのですが、それと同じくらい重要なのが、どれくらいきちんと文章として読まれているかというところも重要だと、自分は考えています。

 ある有名ブロガーであるイケダハヤト氏のBLOGのアクセス解析(Googleアナリティクス)では、PVや訪問者数の他にどれだけブログ記事が読まれているかを表すセッション時間なども併記されています。

それなりにBLOG記事が読まれていれば、セッション時間も長くなると予想されますので、 ある意味BLOG記事の質を表すものと言えると思います。

イケハヤBLOGのPV
(出典)当ブログの月間の読者数が「100万人」を突破しました!✌️ http://www.ikedahayato.com/20160713/63297033.html 

訪問者数100万以上で、PVは200万超えという恐るべき数値です。

 しかしよく見ると、平均セッション時間がたったの1分24秒です。

これは、BLOG記事がどれだけ読まれているかの数値といえます。

 ちなみに過去に自分の日本人のための脱・奴隷ライフ!のセッション時間を調べてみると、なんと2分40秒で有名ブロガーよりきちんと記事として読まれていることが判明しました!(2016年7月現在)

3分は少なくとも超えたいですね!

と7月のブログで宣言していたのを発掘して、今どれくらい自分のブログが読まれているのかを公開したいと思います!

 平均セッション6分

なんと3分超えて、2倍の6分超え!

その他のPV数や訪問者数も連動して、増えていってます。

YouTube動画でも、長い動画をアップしても5分程度の平均視聴時間なのですが、ブログはそれを大きく超えています。(さっきYouTubeチャンネル観たら、3分台でしたが・・・)

 たくさん記事や動画を投稿しても、ちゃんと閲覧してもらえないと意味がありません。

 まぁ解析で平均視聴時間があまり伸びないからと、短い内容のない記事や動画を乱発して、質が落ちるのも本末転倒になるでしょう。

 こうやって解析してみると、ソーシャルメディアでの情報配信も奥が深いなと思う次第でありますが、やはりちゃんとコンテンツを見て貰える人に価値のあるコンテンツを配信することが重要なポイントなのかなぁって、改めて思いました。

【参考記事】Googleアナリティクスを使って平均セッション時間(平均滞在時間)を改善する方法 http://seolaboratory.jp/internal/2016022527085.php 続きを読む

Navatarの脱・奴隷でイクっ! Episode2

URL:http://bit.ly/292DdfR

上記リンクより、Dropbox経由で、Episode2の視聴が可能です。よろしくお願いします。

続きを読む

30歳妻子マイホーム持ちでも人生が虚しい? #BLOGOS

http://blogos.com/outline/179095/ 

子どもの頃の夢は、マイホームを所有する立派な男性だった。生まれた頃から団地暮らしだったので、友達の家が立派な一軒家だと羨ましくて仕方がなかった。

残念ながらこの夢はいまだに叶えていないのだけど、同級生たちの中には、ちらほら家族を持って、素敵な戸建てを手にした者もいる。何年か前は「シロアリにやられろ」とか思っていたものだが、最近はもう素直に「すごいなあ、稼いでるなあ」としか思えなくなった。(文:松本ミゾレ)

思えば僕にとって、マイホームを持つ男性は、立派な社会人であり、夫であり、父という存在だったのだろう。だから仮に今後マイホームを手にすることができたら、きっと僕は大いに満たされるに違いない……と、そう信じているんだけども、人によってはさほどの感動がない場合もあるようだ。

うつ


2ちゃんねるの書き込みが、ネットのニュースサイト⇒BLOGOSで取り上げられて以前話題になった。

一見すると、幸せそうにみえる「条件」に思えるモノを全て手に入れている理想的なサラリーマン。

しかし2ちゃんねるの書き込みには、現実は虚しいという逆の事が書かれているという。

世の中一般で良いと思われるポジションに着くと、周りの人の評価が高くなり、自分も良くなるというマインドが我々に埋め込まれているということ。

しかし一般的に・世の中的にとても良いことであると思われているが、本当に自分が望んでいることであるかというと、そうとは限らない。

例えば、映画とかだと、割りとそういう好き嫌いが強く出るのではないだろうか。

一般的に評判の良いといわれている映画でも、自分が観てもどうしてもおもしろいと思うことができないことは、割りとある。

自分の場合だと、最近だと自分が好きなスター・ウォーズとゴジラの最新作が割りと世の中的には評価されていている感じのようだが、どうしてもスター・ウォーズとゴジラというか、そもそもSFはNG、特撮はNGといった人もいるはず。

そもそも映画館という暗い閉鎖空間に長時間閉じ込められるのが苦手で、そういう所で映像なんて観れたものではないというそもそもの大前提からして、NGなんて人もいるだろう。

映画の臨場感を更に高めてくれる3D映画もどうしても受付けないという体質の方も少なからずいるようで、そもそもの大前提から無理な人もいるということは、われわれは忘れがちな事実である。

まぁ作品を観てもないのに、なんとなく決めつけでつまらないと思い込んで食わず嫌いしてる場合もあるといえば、あるのだけど。自分の場合だと、ガンダムシリーズやエヴァンゲリオンシリーズがそうで、アレはアニメヲタクが観るものだ!と最初嫌悪していた。

あと苫米地博士も怪しいと思って、無意識レベルで遠ざけてたような気も・・・

前置きが長くなってしまったのだけど、世の中が良いものであると思い込まされていることも、自分にとって本当に価値のあるものか、やはりよくよく見定めていかないといけないということになるだろう。

このニュースの事例だと、推測になってしまうのだけど、もしかすると大前提として、公務員という公のために仕事をするという世界観がまったくその人の職業のゴールとまったくあってない可能性がある。

また一見アガリとも思える社会環境に自分が到達したとしても、ゴールを失ってしまうとエネルギーは失われてしまう。

有名大学合格や有名企業に入っても、数年でまったく学ばなくなったり、ダメ社員になってしまったりするケースはよく聞かれるパターン。

さらに学校の先生になるという一見素晴らしいゴールも実は親や世の中の評価を気にしての刷り込みのゴールである可能性もあり得る。

エフィカシー的に微妙な事をあえて言うけど、正直現在(2016年現在)のNavatar以下の教育水準で職業として教育者を続けるというのは、あまりにもレベル的に低すぎると思っている。

エフィカシー的に低い先生がわんさかいるということをよく聞くので、あえて挑戦的な事を書いてみた。

単に学校の先生が社会的評価が良いとされているから、そのポジションをキープすれば、自分が良くなるというのはありえない。

やはり先生自身が高いエフィカシーをもって、役割を果すことが最強の教育であると自分は考える。

そういう先生に学べば、自然とエフィカシーがあがり、生徒の試験などの成績も上がってくるのではないだろうか。

まぁBLOGSでも教員がかなり厳しい評価をされており、先生=万能みたいな世の中の思い込み自体も危険であるので、Navatar自身の見方も1つの見方であるということは、あらかじめ述べておく。

世の中の一般的な見方に縛られないのが、脱・奴隷マインドなのだ。


自由
 続きを読む

child_labor_nepal

「現代の奴隷」世界に4600万人、日本にも… 搾取を止めるために我々にできることとは?

    http://newsphere.jp/world-report/20160601-2/ より

    世界で4600万人が「現代の奴隷」の衝撃(mp3バージョン)


    昨日奴隷人とキーワードで、Googleを検索してる時に入ってきた衝撃的なニュース。

    あなたは目にしましたか?

    世界で4600万人が「現代の奴隷」に、インドが首位 日本25位
    http://jp.reuters.com/article/modern-slavery-idJPKCN0YN3KJ 

     自分がBLOGなどで言ってる脱・奴隷とは、別に強制労働や身分の低いの差別、身体的な拘束をされている人たちを実際に言ってるわけではなく、あくまで頭の中のマインドが奴隷になってる人たちやそこから抜け出していくには、どうしたら良いかを考えるというのが目的なので、実際の奴隷的身分になってしまっている人たちを言ってるわけではないのですが、元々日本でも存在した強制的な奴隷労働の名残がまだまだ現代人であるわれわれの日本人のマインドに刷り込まれているのではないかと思います。

     まぁインドでいまだに奴隷的身分で隷属されている人たちがたくさんいるのは、やっぱりか・・・という感じではあるのですが。

     自分が所属している日本という国では、どうかというとなんと人数的には25位とかなりランキング上位で、30万人近い人が奴隷であると推計されているそうです。

     私が生活している圏内では、本当の奴隷を見たことはないのですが、本当に存在するのでしょうか・・・

    もし本当に奴隷であるとするならば、インターネットにアクセスして、私の脱奴隷コンテンツに辿り着くことすら不可能ということになりますが・・・

     日本にも約30万人の奴隷的身分に陥っている人がいるとの報道なので、もし知ってる方がいれば、日本人のための脱奴隷コミュニティなどで教えてほしいものなのですが・・・

     こうなると、マインドの問題というより、まず警察に連絡して奴隷状態の人の身柄保護をしていくという方法が現実的になるでしょうか。

    そのあと奴隷状態から、より良く生きるためにコーチングを受けるというのもありと思いますが・・・

    奴隷的身分拘束はどう考えても憲法違反ですし、その状態を作り出してる奴隷の所有者を捕まえるのがどう考えても先決であることはいうことは間違いありませんね。
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ