日本人のための脱・奴隷ライフ!

脱奴隷ライフ!執筆者のナバター(名畑智彬)です。 苫米地英人博士の書籍、青山龍コーチのビジネススクール、池田潤さんのイケジュンジム、TPIE、PX2などの各種ルー・タイス氏のコーチングプログラムで学んだ事をベースに世の中からの脱奴隷マインドを広めていくためのブログになります。 世の中に仕組まれた様々な洗脳ワールドから抜け出したくなる脱奴隷マインドになっていく情報を投稿していこうと思っています。 よろしくお願いします。

各ブログ記事への質問、感想、お問い合わせは、新しく開設したLINE@アカウント脱奴隷ですゝぬから。誤字・脱字などによる文章の訂正依頼などにもできうる限り応じていきますので、よろしくお願いします。

脱奴隷ですゝぬ
https://line.me/R/ti/p/@kkg0153r



Facebookライブにて、改めて脱・奴隷について語りました。

上記のYouTubeリンクは、日本人ための脱・奴隷コミュニティで配信したムービーを編集して、YouTubeにアップロードしたもので、50分程度のムービーを30分にまとめてあります。

本格的に脱奴隷の情報配信(2016年3月頃から)を始めてから、約6ヶ月は経ったと思うのですが、最近はFacebookライブでの配信が少しずつ評価されてきて、データ上では明らかに伸びてきています。

自分がライブ配信をFacebookページで始めた頃は、国内では誰もライブ配信をやってなかったのですが、Facebookページだけでなく、個人ページでもスマホ1台でライブ配信ができるようになっているので、最近は個人が短いムービーをアップする機会を見かけることが増えてきました。(2016年9月現在)

詳しい話は、上記のムービーを再生してもらえばよいのですが、脱奴隷の活動を加速させようとすればするほど、いかに我々が世間一般の常識や慣習、通念などに縛られて生きているかがわかります。

コーチングでいうと、ホメオスタシスという現状維持のマインドが働く事がわかっているのですが、これってそのまま我々の生活している社会そのもののような気がしますね。

動画だけでなく、日々脱・奴隷とは何かついて考え、ブログやTwitter、Facebookなどで情報配信をやってますので、よろしくお願いします。

自由2

フォト出典:これで自由人になるかも!?あなたに合った職種はどれ? | 世界一周人

続きを読む

こんにちは。Navatar です。

脱奴隷、脱世間のマインドの話題というより、ブログなどの情報配信の話題になるのですが・・・

けっこう自分の中では、主力の活動になるので、意外に考えることが多いです。

今日はいわゆるビジネス向けのメルマガとYouTubeに焦点を当ててみようと思います。

 読者や視聴者側が閲覧するのは、もちろん無料ですね!

一部ニコニコ動画やlivedoorが展開している著名人の閲覧すら有料のブログやメルマガもありますが、基本的に例外扱いにします。

彼らのブログ、メルマガは完全に知名度で情報を売っていると、自分は思います。

いわゆる著名人ブロマガは、内容自体は基本的にはネットなどで調べても、おそらく同じような情報は手に入ると思うのですが、知名度や肩書などという情報がつくことで、有料化できるというカラクリでしょう。

あんまり書きすぎると、営業妨害みたいになるので、ここまでにしておきます(^_^)ニコニコ

個人的には、 苫米地博士のニコニコチャンネルが月額1000円を下回っているので、その他のチャンネルは無料もしくは200円以下が適正価格のような気もしますが・・・情報自体の価値でいうとですが。

 メルマガは、個人だと無料で配信できるサービスがあるので、それを利用する手もありますが、ビジネス用途であるならば、やはりきっかり有料配信のメルマガの方が信頼性が高いので、使う時はそれらを利用することにします。

趣味ならば、まぐまぐ!などの 無料サービスを利用する事も考えられますが・・・いまさら無料メルマガで情報配信というのは、個人的にはどうかと思いますが・・・著名人なら、登録者も稼げるでしょうけどね。

 次にYouTubeなんですが、最近のYouTubeは昔に比べて、誰でも再生数が稼げるというわけではなくなりました。

昔はチャンネル登録機能などなくて、ブログ経由やキーワード検索でムービーを探すという感じだったのですが、今は個別のチャンネル登録で再生するというスタイルに変わってしまったので、個人が新規で再生数を稼ぐというのは、ほぼ不可能という感じになりました。

よっぽど動画制作のプロを目指すもしくは、プロで実績がバリバリある場合を除いては、YouTubeはあまり個人メディアとして、もう伸びしろがない・・・という結論になってしまうのですが。

もちろんコンテンツの一部として、動画コンテンツを作る場合には、無料で高画質の動画が実質無制限でアップロードできるので、再生数を稼ぐという目的でなければ、有用性はあると考えていますが。

個人的には、今後主流になるであろうYouTubeライブや有料のYouTube REDなる今後日本でも開始されるサービスに移行した方が良いと感じています。

 脱奴隷コンテンツの配信は、YouTubeの場合は、ライブ配信に移行。

メルマガに関しては、セミナーや有料コンテンツ配信の告知に利用という感じになるでしょうか。

 まぁどちらにせよ、コンテンツの質をあげていくとなると、完全無料で情報配信するというわけにはいかなくなるという身も蓋もない現実にぶち当たるわけですが・・・

そろそろインターネット上での脱・奴隷活動もフリーミアムからの脱却をしていく時期にあたるのかもしれません。
 続きを読む

哲学

Navatar です。

一応ライブドアのBLOGでは、哲学・思想という堅苦しそうなイメージのカテゴリに登録はしているのですが、ざっとランキングを見たところ何か明らかに 怪しそうなBLOGがわさわさ出てくるので、怖いのですが・・・

哲学・思想カテゴリ


まぁもしかすると、自分のBLOGもそう思われてるのかもしれませんが。

私が教わっている青山龍コーチのブログは、常に4位をキープしてるので、 スピリチュアル系や新興宗教ではない、ちゃんとしたBLOGもあるにはあるのですが・・・

まぁ自分はブログランキングのためにBLOGを書いてるわけではないので、他の同ジャンルのBLOGがどんなことを書いてあれ、あまり気にしても仕方ないのですが。

BLOGでも何でもそうですが、自分のやりたいことを want to マインドで続けていくことが、結局はいわゆる「勝てる人」のマインドなのかもしれませんね。

ブログランキングで勝負ごとみたいになってしまうと、それもできなくなります。

これからもどんどんおもしろいブログ記事を出していきたいと思います。

 続きを読む



以前寄付キャンペーンの扱いで対立したYouTubeでのAdSense広告が復活したので、チャリティーを再開しました。

現在も寄付活動を続けています。

【告知】For Donation(寄付活動) : 日本人のための脱・奴隷ライフ!
http://de-slave.blog.jp/archives/3117936.html

上記の記事に詳しく書いてありますが、YouTubeでの広告収益の一部は、チャリティーに残りはチャリティーをさらに増やすための情報配信の再投資に使用します。(新しいPCの購入、コンテンツ配信など)

実際に寄付が可能になった時は、ブログ、Facebookで金額などをお伝えします。
続きを読む

自己啓発系コンテンツでありがちな記事タイトルをあえて採用しました。

睡眠時間が少なくて眠いのですが、Want to マインドで書きたいと思います。

(おそらく)元祖脱・奴隷マインドの創始者安達さんの動画を観て、気づいたことを忘れないうちに書きたいと思います。



(顔が怖いです・・・)

 クラウドファンディングプロジェクトで、「なぜ人は変わるのか」というテーマで取材を行う予定なので、その案内や告知なども含めて。

クラウドファンディング取材協力者募集のお知らせ
http://de-slave.blog.jp/archives/6348890.html 

動画の中では、やはりビジネススクールをやっていても、変われる人と変われない人が主催者側目線では存在するようです。

自己啓発だと、変われる人、変われない人。

ビジネススクールだと、稼げる人、稼げない人。

資格学校だと、受かる人、受からない人。

英会話教室だと、英語脳か日本語脳か。

このような感じで、2分法でズバッとわけられることが多いのですが、動画の中でも安達さんが解説されていますが、結局は本人がやるかやらないかという事に尽きるようです。

自己啓発だと、行動するかしないかって、話になるのでしょうけど。

高い講座を払っても、変われなかったり、稼げない事もあるようなので、自分も一瞬ひやっとしたのですが、最後まで聞いてみると、自分なりにおそらくこういうカラクリなのではないかと、いろいろ考えが出てきました。

安達さんによると、高いスクール代を払ったにも、何も学ばず、結果が出なかったことを糧とせず、何も変わらず、満足して卒業してしまう人に呆れてしまうそうです。

なぜ結果が出ないのに、満足してしまうのかは謎ではあるのですが、スクールに参加しても変わらないというのは、ある程度考察できます。

まず思いついたのは、コンフォートゾーンのカラクリです。

コンフォートゾーン


ビジネススクールに一定期間通うというコンフォートゾーン外の居心地の悪い状態から、日常のコンフォートゾーン内に戻ったことにより居心地のいい状態に戻ったことにより、無意識レベルで安心してしまうのです。

これは自分もけっこう感じているので、気をつけないとヤバイと感じています。

これは受講生がダメだからというわけではなく、むしろ受講生はスゴイ真面目であった可能性もあります。

例えば、ガチマジメ系受講生はこういうマインドになるのではないでしょうか。

セミナー講師の言うとおりにしなければ、成功できない・・・

セミナー講師の言うことをちゃんと聞かなければ・・・ 

セミナー講師の言うとおりしなければ、稼げない・・・


このように私達が何かをしなければならないという have to マインドになると、それらを避けようと、非常にクリエイティブになります。

 自分も含めたこういうマインドになりやすい人に福音になるメッセージを本で発見しました。

 変わることを自分に強いるのはやめましょう。自分が本当にそう望むのではないかぎり、無理に成長させようとしてはいけません。
  

まさにこの通りであると確信しました。

 自分もかなり~しないとダメだ・・・とか、~しないと終わる・・・とかいって、過去に自分のエフィカシーを無意識レベルで下げていたことがよくありました。

 自己啓発に限らずですが、資格学校や英語教育とかだと、こういう無理くり受講生をしばきあげるような講座がまだまだ主流であると感じます。

別に社会人向けスクールを否定はしないのですが、受講生に have to を押し付けるようなスクールは正直害悪であると自分は思いますね。

そういう巷のスクールとは逆に安達さんのスクールではそういう have to マインドで来る人は来るな!って、はっきり言ってるので、want to マインドで行ける方は、確実に成功するような感じはしますね。

まぁその肝心要の have to から want to にマインドを切り替えるのが、自己啓発的にはけっこう難儀なポイントだとは思うのですが・・・

どんな講座かは知らないのですが、かなり参加のハードルとしては高いのかもしれませんね。

(参考動画:コンフォートゾーン) 

  続きを読む

↑このページのトップヘ