日本人のための脱・奴隷ライフ!

脱奴隷ライフ!執筆者のナバター(名畑智彬)です。 苫米地英人博士の書籍、青山龍コーチのビジネススクール、池田潤さんのイケジュンジム、TPIE、PX2などの各種ルー・タイス氏のコーチングプログラムで学んだ事をベースに世の中からの脱奴隷マインドを広めていくためのブログになります。 世の中に仕組まれた様々な洗脳ワールドから抜け出したくなる脱奴隷マインドになっていく情報を投稿していこうと思っています。 よろしくお願いします。

各ブログ記事への質問、感想、お問い合わせは、新しく開設したLINE@アカウント脱奴隷ですゝぬから。誤字・脱字などによる文章の訂正依頼などにもできうる限り応じていきますので、よろしくお願いします。

脱奴隷ですゝぬ
https://line.me/R/ti/p/@kkg0153r



久しぶりに日本人のための脱・奴隷コミュニティで、ライブ配信を行いました。

諸事情あり、少し更新頻度が7月は落ちていたのですが、 今後はなんとか立て直したいところです。

 配信の中では、「日本を捨てよ」という書籍を引用しています。

脱・奴隷書籍の1冊として、今後も引用していけたらと思います。



  日本人のための「脱・奴隷」コミュニティのツイキャスをパソコンに通知!



ちょっと報告が遅れてしまったのですが、先週末の土曜日・日曜日にPX2というセルフコーチング向けのセミナーを大阪で受講してきました。

BWF international 公式ウェブサイト | BWF international official website

個人的に子供向けのプログラムということで、TPIEというセルフコーチングプログラムを受けたあとでは、もしかすると内容的に薄いというような先入観を勝手に持っていたのですが、実はそうではなくかなり本格的で大人向けのTPIEと内容的には遜色ないレベルのものであったと思います。

 TPIE、PX2と共に機密事項という事でBLOGなどで細かいセミナーの内容は書けないのですが、興味のある方は、Belief system(ブリーフシステム)書き換えのためにチャレンジして受講するのもおもしろいのではないかと思います。


Belief


 

英語脳について30分ほど語ったmp3の音声を作りましたので、紹介します。

日本人のための脱・奴隷コミュニティでは、ライブ配信のアーカイブがあるのですが、mp3バージョンでは不要な部分をある程度カットしてありますので、 よろしくお願いします。

英語脳について語る(2016年7月18日)  

einglishbrain





続きを読む

Dropbox - 英語脳修得に関して語る.mp3

先日日本人のための脱・奴隷コミュニティで語った英語脳に関する話のDropboxバージョンです。

mp3による音声配信になります。

よろしくお願いします。


続きを読む



Navatarです。

脱奴隷には、直接関係ないとは思うのですが、 最近セルフトーク改善のために英語脳の習得を始めました。

コーチングでは、セルフトークのコントロールがゴール達成のために必要になるのですが、日本語のセルフトークがあまりにもひどいために外国語を取り入れ、セルフトークの抜本的な改善をしようという目論見です。

別に日本語という言語が英語と比較して劣っているとか、英語に特別こだわる必要性はないのですが、日本語だとあまりにも日常生活に馴染みがありすぎて、どうしてもゴール側に相応しいようなセルフトークができないと自分は考えています。

自分の場合、普段使っている日常的な日本語は、世間一般やマスコミなどが使っている「一般大衆」が使うような言語レベルに合わせてしまっているので、どうしても反射的にひどいセルフトークがわんさか出てきてしまうのです。(あまりにひどいセルフトークなので、ここでは書けませぬ・・・)

例えば、同じ日本人の日本語でのセルフトークでも東京大学教授のセルフトークと偏差値40未満の文系私立大学の学生とかのセルフトークは次元が異なるわけです。(別にどっちが良いとか悪いとかの話ではありません。)

上の例は喩え話ですが、英語にかぎらず外国語でのセルフトークが可能であれば、完全に日本語圏とは離れたセルフトークを使うことが可能になるというカラクリです。

いきなり海外の大富豪のようなセルフトークはなかなか臨場感がわかないので、「英語は右脳で学べ」で推奨されている海外ドラマでの英語脳化と部屋の家具などに英語の付せんを貼っていく方法を使っていって、どの程度効果があるのかをやっている最中であります。

英語脳トレーニングの効果に関しては、今後ブログなどで報告していければと思っています。


The Walking Dead Hulu



続きを読む

↑このページのトップヘ