日本人のための脱・奴隷ライフ!

2017年9月末にて、一時活動をお休みしようと考えています。今までいろんな記事やよくわからない記事もあったと思いますが、読んでくれた方には感謝しています。どうもありがとうございました~(^_^)

2017年9月末にて、一時活動をお休みしようと考えています。

今までいろんな記事やよくわからない記事もあったと思いますが、読んでくれた方には感謝しています。

どうもありがとうございました~(^_^)



今月は新しく始めたVALUというサービスを一通り使ってみました。

まだ始めてから、1ヶ月ほどですが、だいたいこんな感じかなというのは、つかめた感じです。

まだβバージョンなので、今後どうなるかはまだわかりませんが。


土日祝日はサイトがメンテナンスなので、閲覧すらできないのですが、正式サービス後には脱奴隷ライフ!とVALUを連携させて使っていこうと思うので、ナバターのVALUページを紹介しておこうと思います。


名畑智彬のVALUページ

https://valu.is/tomoakinabata


脱奴隷ライフ!とVALUの今後の連携について

VALUの正式サービスが2017年8月から開始される予定らしいのですが、それにあわせて脱奴隷ライフ!の活動のために、VALUを活用していこうと考えています。

VALUでナバターの脱奴隷ライフ!の活動に共感してくれる方、支援・応援などをしてくれている方、また直接脱奴隷ライフ!の活動に参加してくれる方とのつながりができていくと思っています。

VALUやってない人には、脱奴隷ライフ!の情報を配信しないというわけでなくて、自分としてはVALUにおいては活動の支援・応援者と脱奴隷ライフ!の情報を受け取る人は、必ずしも一致する必要もないかなと思っています。

VALU優待も提供できますし、活動がどんどん進めば、ナバターのVALU価値も連動してあがってくると思うので、VALUの値上がりの利益も感じてもらえるかもしれません。(株や金の値上がりと同じような感じですね。)

VALUで支援・応援が集まってくれば、脱奴隷ライフ!の情報発信やその他の活動も広がってくると思うので、その流れを今後狙っていこうと思っています。

ということで、脱奴隷とVALUもあわせて、よろしくお願いします。


VALU2

ブログに関しては、久しぶり更新になります。

VALUやYouTubeライブなどの情報配信が最近中心となってしまいブログでの情報配信は後回しになってしまいましたね。

まぁブログは更新する時は、更新するので、そこまで毎日やらなければ~と思う必要性はないと思いますね。


VALUに関する否定的な意見について

自分は最近VALUを脱奴隷ライフ!の活動に取り込もうと思って、躍起になっていたのですが、その傍らで何かVALUに関して、やってもない人が外野からあぁだこぅだ言ってる意見がネット上に散見されるようになりました。

VALUに関しては、まだそれほどユーザー数が多いわけではないのですが、ネット上のインフルエンサーと言われるフォロワー数が多数いる人が参戦しているので、実際のユーザー数以上に一気に知名度だけが先行している感じになったように自分は思えます。

日経新聞やヤフー・ニュースなどにも記事があったので、そこから名前くらいは知っているという人は増えてたと思います。


ネット上では、比較的リテラシーが非常に高いといわれているNewsPicksのコメントもあわせてみてもらうと、わかると思うのですが、明らかにVALUのアカウントすら持ってないにも関わらず、頭ごなしに批判している人がいます。

それこそ受験偏差値でいうと、測定不能レベルの方もやってもないのに否定するという罠にハマってしまっているわけです。(これ以上いうと、学歴批判みたいになるので辞めます。)

これはまぁ人間の脳の反応として、自分が知らないまたは得体の知れないモノを拒絶するという反応なので、いわゆる賢いといわれている人でも反射的にやってしまう反応ではあると思います。


「VALU」が開始から2か月で日本の株式市場を超えた理由。(中嶋よしふみ)

https://newspicks.com/news/2389545?ref=search&ref_q=VALU&ref_t=top


まぁ自分自身もVALUという英単語を見た時は、


「また怪しげなネットサービスが立ち上がったようだなw」


というセルフトークが頭に浮かび、それからもう少し調べていくと、


Bitcoin⇒イケダハヤト氏⇒ホリエモン・・・


などのワードが入ってきて、これは・・・とだんだん怪しげなマインドになっていくわけですが、そこから別ルートからVALUに関する肯定的な意見なども入ってきて、とりあえずよくわからないけど、やってみようということで参入した感じです。


このよくわからないけど、やってみようというマインドはなかなか一般には受け入れにくい心の動きではあると思うのですが、イケダハヤト氏やホリエモンという人達が圧倒的に嫌われているのは、こういうところを当たり前にやってしまうところかもしれませんね。


あとネット上にVALUに関するレビューなどがたくさんあがっているので、それらを見てしまうと自分もやった感じになってしまうと思うのですが、やってないのにそれらを見てもはっきりいって意味ないので、やらないと正直わからないという身も蓋も無い事実にぶち当たります。


今のネットの意見などをみると、フォロワー数が多いネットのインフルエンサーが、それを使って、自身の発行したVALUを釣り上げていくサービスという風に見られている感じですが、果たしてそれがホントかどうかはやってみないとわからないでしょうね。


否定マインド

元々クラウドファンディングのコンテンツ提供用に準備していたFacebookグループをリニューアルして、現在は「日本人のための脱・奴隷コミュニティ」という名称にしています。

以前のFacebookグループだと、まだ立ち上がってもないクラウドファンディングプロジェクトの賛同者向けに提供するサービスだったので、今思い返すと、異常に参加のハードルが高かったように思えます。

そのあとは、普通のFacebookグループとしてやっていたのですが、人数を増やすのは簡単なのですが、脱奴隷ライフ!の活動をやっていけるという方は、実際にはほとんどいないというのが実情でした。

このあたりは話すと長くなるので割愛しますが、そのあたりのプロセスはFacebookグループ内の限られたメンバーであれば、シェアしたいと思っていますね。

ただたくさん人を集めて盛りあがりたいのであれば、普段のライブ配信やYouTuberやゲーム配信者などの人気ライブ配信者に群がるのが楽なのでオススメです。

そういうのとは脱・奴隷コミュニティは、本質的に違うというのは、理解してもらいたいところです。


Facebookには、今のところオンラインサロン運営機能というのが実装されてないので、今のところナバターが試行錯誤しながらの超アナログ運営になってますが、そういうのに価値を感じる方であれば、ぜひ加入してもらえると嬉しいですね。


現在申し込みフォームは、Anypay,VALUの2つのサービス経由で受付けています。

最近流行りの定額のオンラインサービスみたいにお金払わない人はサイトから追い出されるという殺伐システムではなく、ナバターがアナログで会員管理をする感じになってます。

商材ではないので、詳しい紹介はしてないのですが、時々ブログやVALU、ライブ配信などを通じて、告知していこうかと思っています。

よろしくお願い致します。


日本人のための脱・奴隷コミュニティ申し込みフォーム


【月額会費制】日本人のための脱・奴隷コミュニティ

https://anypay.jp/shops/7YWfRPVWNi/de-slave-life


【年会費制】日本人のための脱・奴隷コミュニティ参加券

https://anypay.jp/shops/7YWfRPVWNi/de-slave-life-year


VALU経由の場合は、ナバターの発行している5VAを保有した状態で、Facebookグループの招待を贈ります。

日経新聞に取りあげられたり、ヤフーニュースなったり、Newspicksでもけっこう話題になったりするので、名前くらいはさすがに知っている方が多いと思うのですが、自分も早速やっています。

一応自分は毎日チェックしているのですが、世の中的には知っている人はどれくらいいるのでしょうかね。

とりあえずアカウント登録している人ベース(Facebookでログイン可能)だと、どれくらいか気になります。

自分のアカウントは、こんな感じになります。


https://valu.is/tomoakinabata


まだ初めて1ヶ月も経ってないのですが、とりあえず3ヶ月程度はやってみて、本当に活用できるのかどうか試している段階です。

3ヶ月程度やれば、まぁだいたいどんな感じかつかめると思います。

石の上にも3ヶ月ですね。


VALUをある程度購入してもらえれば、Anypayで提供している有料サービスなどを同様に利用できるような優待なども出しているので、興味のある方はぜひVALUに参加してナバターのVALUを保有してみて下さい。


Valu


最近話題に出来なかった「この地球に山や森は存在しない」シリーズの話題です。

この話題はネットでも、なかなか扱いづらい話題なので、あまりプッシュしすぎると、逆におもしろさを伝えにくくなってしまうので、難しいところです。

このアニメ、ゲーム、映画おもしろいよ!みたいな広め方ができないので、なかなかねっというところでしょうか。


上記の動画リンクで今までのシリーズが視聴できますので、過去動画が気になる方はざっと観ることをオススメします。

めっちゃ長くなってきていますけどね。


There is no forests on flat earth

↑このページのトップヘ