日本人のための脱・奴隷ライフ!

脱奴隷ライフ!執筆者のナバター(名畑智彬)です。 苫米地英人博士の書籍、青山龍コーチのビジネススクール、池田潤さんのイケジュンジム、TPIE、PX2などの各種ルー・タイス氏のコーチングプログラムで学んだ事をベースに世の中からの脱奴隷マインドを広めていくためのブログになります。 世の中に仕組まれた様々な洗脳ワールドから抜け出したくなる脱奴隷マインドになっていく情報を投稿していこうと思っています。 よろしくお願いします。

各ブログ記事への質問やお問い合わせは、下記から。誤字・脱字などによる文章の訂正依頼などにもできうる限り応じていきます。

Mail:darthnavatar@gmail.com

以前にもブログ記事にしましたが、実際にFacebook個人ページでの情報配信を中止します。

今のところ今後一切の配信を個人ページではやらないようにしていく感じです。

【動画アーカイブ】情報配信(特にFacebook!)の一時休止のお知らせ - 日本人のための脱・奴隷ライフ!

http://de-slave.blog.jp/archives/15647937.html

上記の記事で書いたのですが、今のネットサービス全般であまりにも情報発信をする側が、情報の受け手からネガティブ反応を受け取ってしまうリスクが高すぎるので、これは大きな課題であると感じていたのですが、それを問題と感じたのか、Facebookがその情報の受け手の反応をさらに他人評価する仕組みを進化させていました。

他人評価を高く評価する

これはとあるFacebookグループに対して、自分が書き込んだ反応なのですが、これだけの短いコメントにも3件のいいねがついてました。

これはFacebook側が他人のコンテンツをどう評価するかを第3者がさらに評価する仕組みを導入している証拠であると自分は思いました。

今思うと、Amazonの商品レビューにも、他者のレビューをレビューする機能がありますよね。

Facebookなどだと、情報発信している側のコンテンツを高く評価する人が当然プラットフォーム側としても、良い人(良いアカウント)であると判断するでしょう。

逆に他人に厳しすぎて、つい罵倒したり批判的になってしまう人は、情報の配信者側に疎まれるので、コメントなども削除されてしまい、挙句通報されたり、ブロックされたりして、プラットフォーム側に低評価扱いされる恐れがあると思います。

ちなみに自分の場合、YouTubeではすでに先読みして、そのような仕組みになると思うので、基本的にすべて他人のコンテンツは高評価しています。

他人のコンテンツを高評価している反応なども高評価しています。

逆に他人を罵倒しているアカウントは、YouTube側に通報したりして、コメントを削除したりしています。

この仕組みがいいか悪いかはわからないところですが、YouTubeの再生数であれ、Facebookのいいね数であれ、他人評価ですべて決まってしまうという現状なので、自分がコントロールできる部分に関しては、うまくやっていければと思っていますね。

他人評価を高く評価する2








 

※オリジナルの英訳が、


「There is no forests on flat earth wake up」


日本語訳は、オリジナル動画ではないですが、


「この地球に山や森は存在しない」


となっています。


日本語ブログだと、おそらく批判的な記事ばかりが出てくると思うのですが、スピリチュアルな話に科学的検証をして、叩くのもどうかと思うので、自分はこのようなスピリチュアル系コンテンツもあっても良いと思います。


上記の動画を観て、YouTubeというかインターネット上で観た動画の中でも、確実にトップ3にランクインするであろうコンテンツだったので、脱奴隷ライフ!でも紹介しておこうと思います。

オリジナルは、すべて英語音声なので、日本人向けに翻訳が載っているバージョンを貼り付けておきましたので、興味のある方はぜひ一度いや何度も観てみることをオススメします。

自分も何度も観て、検証中です。

なぜ地上に森がないのか?

なぜ地上に山がないのか?

このような前提で考えて、動画の内容を受け入れてみると、いろいろな情報が見えてきます。

なぜグランドキャニオンは世界的な観光地なのか?

なぜウユニ塩湖は人々を魅了するのか?

もちろん適当にググれば、さしあたりない回答は出て来るでしょうが、正解はない問題です。

正解ではなく、多数派(というかGoogleでの高評価)のただの意見です。

動画自体の内容もぶっ飛んでて、おもしろいのですが、地上に森がないという前提でいろいろ調べてみると、いろいろ見えてくるものがあります。

もちろん科学的にきちんと検証されていない情報を鵜呑みにしてどうするんだというツッコミは出てくるでしょうけど、こんな感じで世の中眺めてくるといろいろ見えてくるものがあるよっていう事を動画製作者は伝えたいと思うんですよね。

一応グランドキャニオンとかをGoogle Earth などで検索してみましたが、確かにこれは自然の川の流れでは形成されないよねって、みたらわかるレベルでしたね・・・

あとグランドキャニオンの周りって、ウランの採掘場で、ホントは観光客が立ち入れない場所でしょうし、立ち入れる場所はたまたま有害なウランなどの鉱石がなかったか、放射線量が低くなってるだけの場所ということでしょう。

(純粋な観光目的で、あなたは福島第一原発事故現場に行きますか?)

ただ単に世界的な観光地だから、絶景!と考えることは、かなりヤバイというでしょうね。

 

(下記は、翻訳なしのオリジナル動画)


_thumb5

 


脱奴隷ライフ!読者のみなさんどうも。

 

書き手の Navatar です。

 

2016年から日本人向けに脱奴隷!というスローガンの元、情報配信をやっているのですが、昨日(2017年5月17日)「なぜオプティミストは成功するのか」という書籍のとある検査を行ったところ、メンタルがかなり悪化していることが判明してしまいました。

 

書籍のワークを積極的に取り入れたり、コーチングを実践したりすることを通して、2週間ほど自分で改善策を取ってきたのですが、結果としては、良くならなかったというのが事実になります。

 

2週間ほどは、書籍のワークをガンガンやったので、基本的にはメンタルの改善がなされるはずだったのですが、この期間に実は個人的に情報配信(Facebook)で問題が発生したのです。

 

Facebookでシェアしていたコンテンツに立て続けに3件ほど同じ方からコメントがあったのですが、1件だけならたまたまでしょうけど、3件ともよく見ると、こちらのエフィカシー(自己評価)を下げてくるコメントである事が判明しました。

 

まぁFacebookであろうが、Twitterであろうが、YouTubeであろうが、そのような否定的な反応はある程度織り込み済みとはいえ、自分が基本実名でコーチングやメンタルの話題をリスクをとって、情報コンテンツを配信しているのにも関わらず、それに対して適当な流し読みだけで、否定的な反応を配信側に直接してくるというか、簡単に批判などをできてしまう今のソーシャルメディアにかなり危惧を感じました。

近況報告~インターネットのおけるメンタルテロリストたちへ~

http://de-slave.blog.jp/archives/15588303.html


ソーシャルメディアでは、日常茶飯事とはいえ、人間同士が使っているメディアで簡単に相手に反応を返せるというのは、良いところではあるとは思うのですが、悪意のあるつまり相手のエフィカシーを意図的に下げるような反応を返すことも非常に簡単で、実はこちらの方がはっきりいってマインドを使わず、思考停止状態で何も考えずにできるので、とても楽なのです。

それこそ餌をあたえられれば、何も考えず近づいてきて食べるペットと同じですね。

 

これは無意識レベルで習慣的にやってるのか、それともマインドを使って、意図的に意地悪でやってるのかはわからないのですが、どちらであれ相手の自己評価を下げることが目的になっているので、普通はすぐにわかって、反応された側は不快になるでしょう。

 

今のネットは、このような人の自己評価を下げる反応は自動的にフィルタリングする機能はなく、結局自力でフィルタリングするしかありません。

 

Google、Facebookなどのプラットフォーム側に明らかに都合の悪い情報は自動的にAIがフィルタリングしてくれますが、基本情報コンテンツの発信者に対するネガティブなリアクションまでは現状自動フィルタリングしてくれず、発信者側が手動でフィルタリングしないといけないので、大きな心理的負担になっていることでしょう。

 

以前のブログにも書きましたが、ただコンテンツを受け取って反応する側が発信者に批判的な反応をする事が簡単すぎるのが問題だと思うのです。

例え3分程度で観れるの動画であっても、発信者側はそれなりに内容を考えて、まとめて作っているはずです。

 

それに対して否定的な反応をする側は、なんとわずか数秒でできてしまうのです。

(まぁ時間をかけて、ネガティブな反応をするのは、OKというわけではないですが。)

 

このネットのカラクリを実際に体感してしまうと、発信者は常にネガティブな反応を受けながら、情報配信をしなければいけないという環境に置かれてしまい、どんどん自分の発信したいコンテンツができなくなってしまうという状況になるわけです。

 

実際に毎日情報配信をしているような方に聞いたわけではないので、推測でしかないのですが、かなり内心ビクビクしてコンテンツを配信しているはずです。

(それこそ内心なので、無意識レベルかもしれません。)

 

演出がうまいエンターテイナーな方は、そのあたりもうまくやっているのですが、結局ネットでも自分の本音を隠して、情報配信しなければいけないというネットのカラクリを今回身をもって体感しましたね。

 

自分もしばらくとりあえずFacebookの個人ページに関しては、情報配信そのものを休止してやろうと思っています。


Facebookダメ_thumb

脱奴隷ライフ!を書いている Navatar といいます。

まぁ継続的に読んでくれている方なら、知ってくれていると思っているのですが。

あまりに個人的な事柄を脱奴隷ライフに書き込むのもどうかなって思ったのですが、今のところ脱奴隷コンテンツの制作は自分1人で続けているので、まぁ脱奴隷活動に関係してくる内容であれば、個人的な事柄も書く必要性があると思い、書いていこうと思います。

脱奴隷活動の近況

ブログの説明欄にも書いてありますが、2016年からコーチングなどを学んできたを実践するプロセスで脱奴隷をスローガンに情報配信を開始したのですが、その反面コーチングに関する知識や自分のメンタルに関する話題を扱うと、それに対する批判的な反応を受け取ることが多くなりました。

説明すると、長いので省略しますが、自分が学んできたコーチングに関する知識、そして自身のメンタルに関する話題を扱うことはかなりのライフワーク上リスクがあることがわかってきました。

自分としては、ブログの読者に向けて、このような情報を伝えることは価値のある事だと思っているのですが、それに対して、どうしても確率上批判的な反応をされることもあるわけです。

こちらがかなり力を入れて配信したコンテンツに対して、批判するのはいいのですが、配信する側と批判する側のリスクが違いすぎるのが問題です。

批判する側が1の力で批判すると、発信する側のメンタルダメージが10000くらいになります。

それこそ批判する側が100人くらいになれば、批判される側は完全に防戦一方になってしまい100万以上ダメージを受け、最悪命を落としてしまうでしょう。

まさにインターネットを使ったテロ行為といえます。

あまりにもインターネット上だと、簡単に他者を貶めることが可能なので、多くのインターネットのメリットが破壊されています。

個人的には、このようなテロ行為は100倍どころか10000倍くらい簡単かつ破壊的なので、今後のインターネットの大きな課題に思っています。

今後の展開

実は明日(現時点で2017年5月17日)に検査を受ける予定です。

検査といっても、別に病院に行くとかではなくて、「オプティミストはなぜ成功するのか」という書籍のとあるテストをやる感じです。

マーティン・セリグマン の オプティミストはなぜ成功するか

 http://amzn.to/2pEv0eH

その検査の数値が悪ければ、専門家の相談を受けたほうがいいとあったので、現状テロ攻撃を受ける可能性もある脱奴隷活動をこのまま続けることは、困難になると思います。

ブログ、Twitter、Facebook、YouTubeなどの情報配信を使わずに活動継続やっていくイメージはあまりないのですが、このようなインターネットにおけるメンタルテロリズムの改善がなされないのであれば、インターネットにおいては活動休止もやむを得ずという感じではあります。

オプティミスト

【告知】応援しているキャンペーンや人々の紹介 : 日本人のための脱・奴隷ライフ!

http://de-slave.blog.jp/archives/14613753.html

以前告知していた他の情報配信者のコンテンツ紹介を少しずつですが、やっていこうと思います。

Twitter、Facebook、Instagram などの主流のソーシャルメディアでは、すでにシェアしていた情報をブログ向けにまとめていく感じになるでしょうか。

何でもかんでも支援するとキリがないので、Navatar 個人がこれは広げたほうがいいに違いないという確信があるコンテンツに関しては、応援していこうと考えています。

書籍出版プロジェクトの応援

今回は今一生さんというライターの方が児童の虐待問題に関する書籍を出版するということで、告知していこうと思っています。

自分自身は子供の虐待問題に関しては、あまり知らなかったのですが、今さんの情報発信をみると、かなり深刻な状況である事がわかり、これはたくさんの人がある程度は教養として知っておいた方がいいだろうと感じました。

自分は今さんのツイキャスなどで、その情報をある程度知ってますが、それだけだとやはり全然足りないと思うので、書籍を通じて、より多くの人が児童虐待に関して、最新の知識を仕入れる必要があると思います。

下記にリンクがありますので、興味のある方は一度出版プロジェクトの詳細を確認してみると良いと思います。

日本一醜い親への手紙を公募中

http://letters-to-parents.blogspot.jp/




↑このページのトップヘ