日本人のための脱・奴隷ライフ!

脱奴隷ライフ!執筆者のナバター(名畑智彬)です。 苫米地英人博士の書籍、青山龍コーチのビジネススクール、池田潤さんのイケジュンジム、TPIE、PX2などの各種ルー・タイス氏のコーチングプログラムで学んだ事をベースに世の中からの脱奴隷マインドを広めていくためのブログになります。 世の中に仕組まれた様々な洗脳ワールドから抜け出したくなる脱奴隷マインドになっていく情報を投稿していこうと思っています。 よろしくお願いします。

各ブログ記事への質問やお問い合わせは、下記から。誤字・脱字などによる文章の訂正依頼などにもできうる限り応じていきます。

Mail:darthnavatar@gmail.com

【アーカイブ動画】日本人のための「脱・奴隷」コミュニティライブ配信

http://de-slave.blog.jp/archives/2584831.html

脱奴隷活動の一環として、YouTube、Facebookなどでのライブ配信及び動画投稿を100本以上配信、及び投稿してわかってきたことを自分のジャーナル的なところも含めて、ブログ記事にしておこうと思います。

動画投稿に関しては、YouTuberブームもあり、かなり一般的に認知されていると思いますが、個人のライブ配信に関してはまだまだこれからの感じもあるので、100回以上配信した経験も踏まえて、少し振り返ろうと思います。

ライブ配信を視聴するのと、配信するのは違うということ

当たり前すぎて、わざわざ見出しにするのもアレかもしれないのですが、けっこうスコトーマに隠れて、これって見逃しがちな事実だと思うんです。

一応自分も人気のライブ配信サービスのポピュラーな配信者のコンテンツは観るのですが、正直なぜど素人の超低画質ライブに何千人もの視聴者がいるのか、よくわかりませんでした。

いろいろあとづけで分析することも可能なのですが、おそらくこのライブ配信を提供する側とライブ配信を視聴する側のギャップが大きいのが、ポイントなのかなって、今は考えています。

数年前はわからないのですが、今現在だと、スマホ1台数タップでライブ配信できてしまうので、今後配信側と視聴者側のギャップって、テクノロジー的にはほとんどなくなっていくとは思うのですが、ソーシャルメディアでも情報配信を継続的にする人とまったくしない人で2極化する傾向があるので、やはり動画投稿やライブ配信も同じような感じになるのでしょうかね。

反響があれば、後日またYouTubeかFacebookのライブ配信で、話せればと思います。


facebook-live-logo2-1920

どうもNavatar です。

年明けということもあって、あまりソーシャルメディアにアクセスせずにすごしている感じです。

まぁ一応ブログ、Twitterなどは少し更新していますが。

基本iPadでは、Twitter、Facebook、YouTube及び各種ライブ配信、LINEなどの通知も受け取らないようにしています。

普段はソーシャルメディアの通知をリアルタイムでチェックしたりすることも多いのですが、2017年初日はすべてのソーシャルメディアの通知をシャットダウンしてましたね。

まぁコメントなどがあって全部スルーするのもあれなので、ちゃんとしたコメントやメッセージに関しては、見るようにしているのですが。

ソーシャルメディアの通知は基本的にリアルタイムで受け取れるようになっているようなのですが、今後は脱・奴隷活動に関する通知以外は、すべてスルーしようかなって思っています。

 特にLINE、Facebookメッセンジャーなどでの雑談のような時間だけ消耗する価値の低いやり取りは、今後厳しく管理していこうと考えています。

Facebookでの義理いいね!なども基本しないようにしていこうかと。

もちろんスパムと疑われるようなやつは、完全スルー。

微妙なのがリアルフレンド、知り合いとのやり取りですが、一応目は通しますが、基本的には既読スルーとなると思うので、よろしくお願いします。


social media

続きを読む



YouTube平均視聴時間3分台の衝撃 : 日本人のための脱・奴隷ライフ!

http://de-slave.blog.jp/archives/4350303.html

2016年に脱奴隷活動の一環として、始めたYouTubeでの動画投稿なのですが、けっこう長い動画をアップロードしてたのですが、あまり平均視聴時間が伸び悩んでいて、けっこう凹んだ記憶があるのですが、最近はYouTubeライブを活用し始めた結果、平均視聴時間が倍近くに伸びていたので、やはり視聴データに無愛想になって、自分の配信スタイルを貫いたのが良かったと思っています。

平均視聴時間7分超えの衝撃

再生時間3分前後のカップラーメンような動画も面白ければ、多くの視聴者にとっては良いのかもしれないのですが、自分の場合は再生時間30分程度の動画をメインとして、平均視聴時間を稼いでいく感じがいいのかなって思っています。

すでにチャンネル登録者システム、視聴数を稼いでいくシステムは、これからYouTube動画を投稿していくユーザーにとっては、不利になってしまうので、再生数やチャンネル登録者数以外の表に出ない数字が重要な指標になっていくと個人的には思います。

YouTubeに関しては、2016年にGoogleAdSenseつまりはいわゆるYouTuberが収益化に使っている仕組みがあるのですが、この運用を巡って、大きく対立した遺恨はあるのですが、ライブストリーミングは良いコンテンツなので、今後はYouTubeとGoogleとの関係性も良くなっていくのではないでしょうか。

あとオマケの話題になるのですが、最近YouTuberというかインターネットで動画投稿者が脚光を浴びる機会が増えているので、子供のなりたい職業にYouTuberがランクインすることがニュースになっているようです。

中高生が将来なりたい職業は?

http://news.mynavi.jp/news/2017/04/26/109/

職業=世の中に何らかの付加価値を提供する事という定義であれば、インターネット経由で映像制作をするという活動に関しては、ホントに誰でも可能であると思います。

自分の場合は、実は10年ほど前から動画編集と動画投稿はやってたので、ある意味元祖YouTuberでもあったのですが、その時は「YouTuber」という言葉も「ゲーム実況者」という言葉すらもなかった記憶があるので、やはり言語化できない何かに対して、よくわからないけど、熱中していくというのは、けっこう重要なのではないかと思いますね。

自分の感覚としては、経験則でいうと、YouTube、ニコニコ動画の動画投稿者が世の中に完全に一般化されるまで、約10年、同じくゲーム実況者も10年ほどという感じなので、やはり社会的評価としては、よくわからないけど、職業になっているというのが、約10年というタイムラグなのかもしれません。

しかし社会的によくわからないものに、10年費やすというのは、相当なセルフコーチングもしくはコーチ的存在がいないと、続けられないと思うのですが、YouTuberやゲーム実況者にも、そういう存在がいるのかなぁって、考えたりもしてます。


YouTubeライブ

YouTube平均視聴時間


出典:https://www.youtube.com/channel/UCIWp6Y8D-usmtPJj1q3I4CQ

KAZUYAチャンネルかよ!

Navatarが管理しているYouTubeにアップロードしているムービーの平均視聴時間が出てました。

ユーザー側からは基本的にはチャンネル登録者数や再生数、いいね!や良くないね👇のクリック数しか見れないわけなのですが、配信者側からはかなり細かいデータまで表示されるのです。

まぁ実は今までAdblockを導入してて、アナリティクスのページが全部広告扱いされてて表示できなかったので、YouTubeで脱奴隷コンテンツを配信し始めて、 初めてアクセス解析のページにアクセスしたわけですが、衝撃的な事実が明らかになってしまいました。

 なんとムービーの平均視聴時間がたったの3分台であることが判明してしまったのです。

 平均視聴時間3分台だから、仮に1時間のライブ配信をしても、残り57分は聴いてもらえてないという計算になります。
(まぁあくまで平均視聴時間というデータであり、1人の人が1時間視聴してくれれば、個人的には勝利なのですが。)

なので、今後はライブ配信の方をもう少し時間を短くして、最長で30分程度にして長くなる場合は、前編、後編のような扱いにしようかなって、現時点では考えています。

 さすがに解析で平均視聴時間3分台だから、3分程度のムービーを量産化するってのは、ありえないですからね。

3分のムービーで何を伝えるんだって、感じですし・・・

数年前に流行ったユーチューバーブームの時に3分間の動画を量産化するというのは、良かったかもしれませんが。

ちなみにFacebookページの日本人のための脱・奴隷コミュニティのデータでもさらに平均視聴時間が短い傾向がありますので、今後は時間制限を設けて、ライブ配信をやっていく考えです。

YouTube-icon-full_color


続きを読む

まぁ私は最近昼飯は食べませんが・・・ファスティングを導入してから、5キロくらい痩せたので、逆にいい感じですよ。

1日3食は体に毒だと思いますね。

TS3P0053


続きを読む

↑このページのトップヘ