16


新しいアファメーションをまた1つ作りました。

良いアファメーションを作りましたが、ドリームキラーがあらわれるので、原則ウェブに公開されたブログには書けません( ̄ー ̄)ニヤリッ 

しかしこれだと、ブログに書くことができなくなってしまうので、自分が(過去に)実現しているアファメーションを特別に紹介したいと思います。

改めましてNavatar です。

本来作成したアファメーションはドリームキラー対策のため公開できないのですが、今回は特別に以前に作成してうまくいったアファメーションと、一応実現したのだけど、あまりアファメーションとして機能してなかったと思われるタスクを紹介します。

アファメーションはルー・タイスプリンシプルでは、11のルールがあり、 これを参考にして作るのが良いとされています。

アファメーションは、必ずこうしなければならないというやり方はないともいえますが、自分の場合は、下記のルールを利用して基本的には文章化しています。

苫米地博士なんて、書かずに脳内だけでアファメーションするらしいです。

スゴイですね(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

43


まぁルールといってもあまりガチガチに英語の文法のように作文する必要性は、個人的にはないように思えます。

まずは実現はしたのだけど、アファメーションとしてはあまりよくない部類に入るものです。

Microsoftのインフラのみに頼らず、無償のアプリケーションを使って文書作成を行っている。 

一応実現はしているのですが、うれしい、楽しいなどの情動が入ってなかったので、もひとつエフィカシー的に微妙な感じとなってしまってます。

アファメーションというより、単なるタスクって感じがします。

達成しても、利便性は良くなった気はしますが、人生は変わりませんね。

次は個人的には、エフィカシーが高まったアファメーションです。

私はWant toスクール参加のため、「東京」へと足を踏み入れている。人びとの心の自由「脱・奴隷」のための活動なので、とても感慨深い。


実現したアファメーションです。

自分にとっては、東京のスクールに通うという完全に現状の外側のアファメーションになりました。 

結果スクールに通う前と通ったあとでは、人間関係や情報空間が大きく変化してきて、人生が変わっていく感じを体験しています。(同時に強力なホメオスタシスによる現状維持効果もありますが。)

やはりアファメーションは今の自分には実現できないけれども、エフィカシーのあがるような作りにすることが良いということがわかりますね。

いかがだったでしょうか。

これを読んだあなたもアファメーションを作って、いっしょにゴールに向かっていきませんか。

ここまで記事を読んだ方は、当然すでに自身のアファメーションを作ろうと、準備していますよね。

ぜひ一度やってみると、おもしろいと思います。