旧日本人のための脱・奴隷ライフ!

2016~2017年9月まで脱・奴隷ライフという活動名称で続けていた情報発信をやっていましたが、今現在は一旦休止しています。 今まで各種のソーシャルメディアなどでナバターの脱・奴隷ライフ関連の情報発信をみてくれた皆さんありがとうございました。 また状況が改善されれば、何らかの形で新たな社会的な活動をやれればと思いますので、よろしくお願いします。

ブログ記事に関するメッセージをLINE@から受けつけています。

友だち追加

タグ:検閲

検閲


前回の記事でお伝えしたソーシャルメディアでの検閲問題について、続報が入ったのでお伝えします。

ソーシャルメディアでのフィルタリングについて
http://de-slave.blog.jp/archives/9295903.html

なぜ人は変わるのかで配信していた音声コンテンツの動画バージョンがYouTubeのコミュニティガイドラインにひっかかり、動画が削除されてしまっていたのですが、今日YouTubeを確認したところ、なぜか削除されていた動画が復活していたことが判明しました。

当該動画はなぜ人は変わるのかで有償で配信しているために、ブログでは公開できないのですが、 なぜ一度削除されてしまった動画が復活したのかが不可解です。

自分としても、せっかくアップロードした動画が違反状態で公開できないというのは嫌だったので動画自体を削除したのですが、 それにも関わらず動画が復活しているのが謎です。

まぁ結論としては、動画が削除されたにしろ、復活したにしろ、すべてのYouTubeにアップロードされている動画がYouTube側に検閲されているという状態に変わりはないわけです。

動画の公開基準がYouTube側の裁量しだいでどうとでもなるので、どのような動画を公開・削除して、人気動画にしたりするのも、YouTube側が決めることができるというわけですね。

ブログでソーシャルメディアでの検閲を指摘したところ、数日たって、突如動画が復活したというファクトに関しては、気味の悪さを感じてしまうのですが、もしかするとYouTube側のスタッフがヤバイと思って、動画の検閲の事実を隠したのかもしれませんね。

表現の自由、言論の自由の中でたくさんの動画がアップロードされているのが、YouTubeの一番良いところだと思うのですが、YouTube自身がそれを規制するということで、自らの良さを潰しているという事実に早急に気づいてもらいたいものです。


 youTubeIsOverParty


続きを読む

検閲2


Navatar です。

今回の記事では、インターネットでのフィルタリングについて語ろうと思います。

インターネットでのフィルタリングといえば、基本的には対象年齢によるフィルタリングや暴力的、性的なコンテンツを検索からはずしたりするフィルタリングが有名であると思うのですが、各個人がウェブや検索から日常的に行なうフィルタリングではなく、そもそもプラットフォーム側(Google、Facebook、Twitter、YouTubeなど) が行っているフィルタリングに関して、少し紹介しようと思います。

1番有名なところでは、やはり著作権保護を名目にしたフィルタリングだと思うのですが、主にYouTubeの動画が1番身近であると思います。

技術的には、すでにテレビ番組などのアップロードに関しては、削除できる技術はあると思うのですが、意外とテレビ番組のアップロードに関しては、なぜか甘いようです。




割りと頻繁にテレビ番組(日本、海外問わず)がアップロードされています。

厳しいのは、音楽やBGMで基本的にすべてアウトな感じになっているようです。

動画素材としてそのまま使うのはアウトとして、スピーカーから流れてくるレベルの音声すら、検出されて著作権侵害と判断されるというレベルです。

このあたりは、別にかまわないのですが、問題はそこではなく、もっと大きなフィルタリングが行われているようなのです。

自分の場合はですが、なぜ人は変わるのかにアップロードしていた音声コンテンツを動画コンテンツに編集して、YouTubeにアップロードしたところ、なぜかYouTubeのガイドラインか何かにひっかかって、動画コンテンツの配信ができなくなったわけです。

コミュニティ・ガイドライン 

そんなにガイドラインに違反するような言論はしてないと思うのですが、よくわからない理由でYouTube側に削除されてしまいました。

なぜ人は変わるのかでは、そのようなYouTubeであった出来事について話した事を動画にしてアップロードしたりしています。

メンバー限定のFacebookグループだから、言論の自由は担保されていると安心するわけではないですが、おそらく今のところはFacebook側のフィルタリングにはヒットしてないと思われます。

なぜ人は変わるのかでは、そのような99%の人間が知らない、または1%の人間が知ってても黙ってしまっている事について話していこうと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 続きを読む

↑このページのトップヘ