旧日本人のための脱・奴隷ライフ!

2016~2017年9月まで脱・奴隷ライフという活動名称で続けていた情報発信をやっていましたが、今現在は一旦休止しています。 今まで各種のソーシャルメディアなどでナバターの脱・奴隷ライフ関連の情報発信をみてくれた皆さんありがとうございました。 また状況が改善されれば、何らかの形で新たな社会的な活動をやれればと思いますので、よろしくお願いします。

ブログ記事に関するメッセージをLINE@から受けつけています。

友だち追加

タグ:脱奴隷

  • (2017年4月10日アップデート)

最近は、脱・奴隷活動が続けていけるかということをずっと考えています。

2016年からコーチングなどを学びながら、その過程の中で自発的に始まった活動です。

苫米地式コーチング | 苫米地式コーチング公式サイト
http://tomabechicoaching.jp

誰かの命令や依頼でやっているわけではないので、よく考えると別にそこまで時間やコストをかけてやる必要性もないのではないかと思うこともあるのですが、今のところは何とか継続できています。

周りの期待もあるかというと、インターネット上の反応とかを見てみると、そこまで圧倒的な需要があるわけでもないので、まだまだ他人評価を気にする段階でもないといった感じもします。

圧倒的な需要とは、それこそYouTubeで再生数100万とか、大手マスコミに大きく取りあげられるというレベルになるでしょうか。

そのレベルの需要が出てくれば、脱・奴隷をスローガンに何らかの大きなビジネス的な展開ができるとは思うのですが、今のところはそういう一発勝負的な事には無愛想になって、どうやって継続していくことかにフォーカスしていこうかと思っています。

今のところは、ソーシャルメディア(※YouTubeなどの動画配信やライブ配信含む)を活用した情報配信となぜ人は変わるのか(※現在メンバー募集休止中)などの活動がメインとなっています。

なぜ人は変わるのかも情報配信の1つの形ではありますが、脱・奴隷活動に賛同してくれた方の交流の場という感じになりそうです。

今は運営の形を模索していて、正式なメンバー募集はしてないのですが、 特に問題がなければ、メンバーのコミュニケーションの場として開放しても良いかもしれません。

今後はソーシャルメディアの情報配信も含めて、どのように続けていけるかを模索していこうと思っています。


 

まずはテレビを棄てなさい

http://de-slave.blog.jp/archives/12871042.html

以前のブログ記事で、テレビを棄てた事を書いたのですが、その後2016年まで地上波・BS放送で観戦していたプロ野球中継をどのように観ようかと考えていたのですが、ようやくその方法が見えてきました。

テレビを長時間視聴する危険性は以前からわかってはいたのですが、なかなかスポーツ中継に関しては、なかなかテレビ視聴以外の観戦方法が見当たらず、結局無料で手軽なテレビ観戦から抜け出れずにいたのですが、こちらスポーツナビの新サービスを使うことで、ある程度解決できそうな感じです。

スポナビライブ | パソコンやスマホアプリでスポーツ映像が楽しめる!無料ハイライト動画も多数。
http://sports.mb.softbank.jp/ 
 

2017-04-09 14.55.24

(去年までメインで観戦していた巨人主催手段には非対応のようなので、このあたりは別途対応策を考えているところ。)

以前まで当たり前のようにスポーツ観戦は、テレビで無料で観戦するものという習慣ができあがってしまっていたので、なかなか切り替えるのが難しいかなっという思いもあったのですが、諦めず方法を探してみると、けっこうあるみたいで、スカパー!もテレビだけでなく、ネット配信に対応していたりと、テレビ放送に頼らないようにすることも可能みたいです。

スポーツの場合、コンテンツの権利関係があるので、まだまだネット配信は始まったばかりという感じなのですが、テレビの危険性はわかっているのだけど、自分の好きなスポーツだけはどうしても観たい!という場合は、スポーツ配信専用サービスを利用するというのが、今のところの脱テレビへの対応策かなっと思います。

スポーツナビライブ

ちょうど2ヶ月ほど前の2017年2月頃にかなり危機的な状況に追い込まれた記憶があるのですが、今は何とか立て直しつつあり、Facebookなどでも以前のようにライブストリーミングをやれるほどになってきました。

ブログの過去記事を見てみると、2ヶ月ほど前にルー・タイス著アファメーションを読了したという記事があったので、その後に少しずつメンタル的な部分が良くなってきたのかなと思います。

書籍「アファメーション」(ルー・タイス著)を読了

 http://de-slave.blog.jp/archives/12173441.html

客観的な状況は何も変わっていないが。

もちろん他にもいろいろな要素があって、本の購読だけでここまで立て直せるのかどうかの検証はできませんが、基本的には2016年に学んできた苫米地博士、ルー・タイス氏のマインドの使い方に関する理論などを実践したのが大きかったと思います。

ブログの概要欄には、青山コーチと池田潤さんのスクールや講座に参加したと書いてありますが、基本的にはコーチングというマインドに関する事なので、ベースはそれほど変わらない感じです。

まぁはたから見た状況は、2ヶ月ほど前と実質変化はしてないようにみえるかもしれませんが、ルーが教えてきたことをけっこう実践したので、そのおかげでかなりメンタル的には良くなったように思えます。

メンタル的に良くなるとことで、けっこういろいろポジティブな面も見えてきます。

例えば、脱・奴隷活動もそこまで規模を大きくしようとしなくても、最悪ブログ記事などのテキストベースなら、ほとんどコストゼロで継続可能。

ライブストリーミングも規模の大きいFacebook、YouTubeであれば、サービス提供側にとっても、どんどんやってもらった方がメリットがあるので、脱・奴隷活動でもどんどん活用した方が良い。

上記のようなポジティブな解釈も可能になってくるのです。

逆に今時ブログなどのテキストメディアはオワコンで、やっても意味がない。

ド素人のライブストリーミングなんぞ誰も観ないから、やっても無駄。

とネガティブに解釈することももちろんできます。

ニュースなどで客観的なデータも添付されて、そのような情報が流れているかもしれません。

それでもやはり自分のゴールセッティングから考えて、そういう自分にとって不利な情報を受け入れるかどうかを考えた方が良いと感じます。

そうでないと、影響力の強いメディア、影響力の強い人物、影響力のある周りの人間の意見をそのまま受け入れてしまっては、世の中の情報が自分にとって不利な情勢になってしまった場合に、そのままポシャってしまうと思うのです。

いくらやりたいことをどんどんやっていこうと思っても、世の中の情勢が自分にとって不利になると、かなり窮屈な感じになると思います。

そういう時に世の中的に不利と思える情勢をどう自分にとって、ポジティブな解釈に変えていくかがかなり重要なのかなと、今回の事例から感じましたね。

ブログ記事の反響があれば、またライブストリーミングで取りあげたいと思っています。

3D man walking on curved arrow

凹む

最近約1年ほど続けてきたブログに少しずつ反響が出てきたので、喜んでいたのですが、その反動というかブログのアクセス解析(Google Analytics)で数字をみたのですが、あんまり自分のイメージとずいぶん違ったデータが表示されていたので、けっこう凹んでしまいました(-_-;)

よくブログをやってる人にはあるようなのですが、自分のけっこう力をいれて書いたブログ記事に反響がまったくなかったり、まったくアクセス解析で結果が出なかった場合は、けっこうあるようです。

学校のテストの成績表のような感じでしょうか。

ブログのアクセス解析ツールは(;´∀`)

まぁブログに限らず、自分が手応えを感じてやったことが、社会的な評価をまったく受けなかったりすることは、けっこうあると思うのですが、実際に自分に対して直接的に起こると、けっこう応えますね~。

今回の記事では、ブログのアクセス解析で凹んだあとでも、すぐにブログ記事が更新できたということで、終わりたいと思います。

もう少し細かいプロセスは、Facebookページの日本人のための脱・奴隷情報などでもお伝えできればと思っています。

日本人のための脱・奴隷ライフ!(ページタイトル変更申請中)

https://www.facebook.com/deslave.0/



Concept of straight path to success. Asphalt road over blue sky

脱・奴隷ライフ!管理人の Navatar です。

こちらのブログも開設から、約1年が経ちいろいろありながらも何とか継続することができ、何人かの方にもちゃんと読まれるようになったことが確認できたので、良かったと思います。

記事タイトルや写真などがいい感じだと、割りと読まれる感じのようです。

もちろん記事の中身の内容も重要だと思いますが。

今回のブログ記事でも、自分の中での内面の変化も含めて、割りとギリギリのところまで書いていこうと思っています。

人生を変えるって何?

よく大型書店などの自己啓発本コーナーで、人生を変える、人生大逆転などのパワーワードをよく見かけます。

たまにネット上でも見かけます。

変わる人、変わらない人。

成長する人、成長しない人。

みたいな。

本とかブログ、ニュースサイト、YouTubeなどでいろいろ情報を見てみると、どうやら本とかをたくさん読んでも変われないらしくけっこう高額とされるセミナーなどに足繁く通うなどしなければならないと。

さらにそうやって足しげくセミナーなどに通ったとしても、大半の人の人生は過去の延長線上で、特段変化しないそうな。

書いててアレなのですが、はっきり言ってなんじゃそりゃ~って感じですね。

そういうセミナー系ビジネスを客観的に見てしまうと・・・

自分は一応苫米地式コーチングでしっかり学んでいるぞ!という自負はあるのですが、傍からみると、そういう怪しげな自己啓発とかと、同じようなプロセスを踏んでいるように見えるかもしれないので、周りからみると、怪しい事をしているようにみえるかもしれません。

自分の中では、最近はセルフトーク、アファメーションでは「人生を変えるぞ!」とかいうパワーワードは極力使わず、自分らしいセルフトークに変えるように意識しています。(2016年は使いまくってましたがw)

自分の中では、いわゆる自己啓発系の人生を変えるって、苫米地式コーチングだと、おそらく現状の外側へのゴールセッティングが正しく行われている事なんかなって思っています。

苫米地式だと、ゴールセッティングをした後、また新たなゴールを再設定するという事まで学ぶのですが、人生変えるぞ!系セミナーとかでは、たぶん誰かがセミナー参加者にゴールを提示して、それに対して参加者が猛烈に向かっていって、勢いが弱まれば、また新しいセミナーや講座を用意して、猛烈に向かうようにしているように思います。

まぁそのような他人に作られた似非ゴールを目指すのもおもしろいかもしれませんが、やはり自分でゴールセッティングして、どんどん自己評価を上げた方が長い目で見ると、いいのかなっと、現時点では考えています。

ルー・タイス氏が日本ではそれほど知名度がないことや苫米地博士が独特なキャラクターなので、いろいろ言われてそうな方法論ではあるのですが、地道に活動されている方も最近徐々に目に入るようになってきました。

下記にGoogleですぐに見つかる情報を合わせて載せておくので、苫米地式怪しくね?って方は、実際に見てみると、良いと思います。

(以下参考記事と動画)

現状の内側のゴールと、現状の外側のゴール | 苫米地式コーチングは杉本ワークスへ

 http://www.sugimoto-works.com/posts/blog216112.html

間違ったゴールや目標設定をしていませんか?認知科学者・苫米地英人に学ぶ正しいゴール設定法

http://www.nomad-cafe-20.com/how-to-set-your-goals/





※こちらの記事は、以前日本人のための脱・奴隷コミュニティに投稿したものを再編集したものです。

Want to か have to か

https://www.facebook.com/deslave.0/posts/1405297146179598

2017-03-30 20.58.03


日はモノゴトを行う時に、自分からやりたいと思ってやるか、やらなければと感じてやるかについて、軽く語ります。

2016年から英語脳習得をやってるのですが、やはりすべて 自分からやりたいと思って、やっていくことがうまく進めていくのに必要なんだなと感じています。

自分からやりたいと思ってやる場合は、苫米地式コーチングでいうところのゴールセッティングも同時に必要と思いますが、これはまた別の機会で。

自分の英語脳トレーニングの場合は、別に英語の勉強だと思ってやっているわけではなくて、ゴールに応じて、やりたくてやってる活動の一部という感じです。

ビジネス上、英語力が必要だからとか、周りがやってるからだとか、過去大学でやってたから、その延長線上でやってるわけではありません。

というかそれだと、過去の1番良い状態を思い出すだけで、あまり進化がないように思えます。

過去のキャリアハイに戻すのではなく、これから新しいキャリアハイを作っていく感じでしょうか。

英語脳だと、自分の場合は過去の日本語訳中心のやり方から、英語を英語のまま理解していくやり方に変える必要性があります。

これは、今までの英語を勉強するというマインドでは、一切身につきません。

英語の勉強=英文を日本語に置き換えて、意訳する・・・

ということだからです。

やれば、やるほど英語学習から遠ざかるのです。(なので、みんな途中で諦めます。)

たとえ話が長いですが、英語でいうと、学校教育や社会人向けの教材学習などの英語の勉強が周りからのプレッシャーでやらなければならないというマインドで、今自分が取り組んでいる英語脳トレーニングが自分が好きでやりたいと思って選んでいる方法であります。

周りからみれば、もしかしたら英語の勉強をバリバリしてる風に思われるかもしれませんが、そういう風にみえて、実際はまったく本質が異なるという事です。

(参考記事)

WANT TOだけの生活・・・(その1) : 苫米地英人認定コーチ青山龍ブログ http://blog.livedoor.jp/r_aoyama/archives/14369721.html

Have to からwant toへ : 苫米地英人認定コーチ青山龍ブログ http://blog.livedoor.jp/r_aoyama/archives/34015632.html


やりたいことをなんとかやりきってみた結果

http://de-slave.blog.jp/archives/13946627.html

上記の記事がけっこう好評であることがわかりました。

ブログのPV、読者数、ソーシャルメディアでの反応(Facebookいいね!数)などブランディング的な指標はそういうのを気にして記事を選別する読者のために自分も一応対応してはいるのですが、実はそのあたりはさほど重要ではなくて、自分が1番気にしているちゃんと読者に読まれているかどうかというところで、結果がついに出たようです。

自分はブログというメディアは、Feedly というブログリーダーで閲覧しているのですが、ここで反応が得られるかという視点でブログ記事を無意識レベルでは書いていたので、ここで反応があると、ブログ業界でけっこう認められたという感じになると、勝手にゴールセッティングしていたようです。

まぁFeedly のブログ記事ごとの評価基準はあまりよくわからないですが、基本的読者価値の高い記事が基本的に評価されている感じだと思います。

今まで自分の記事はまったくFeedly 利用者には読まれていなかったようなので・・・w

今回好評だった記事は、何とか頑張って投稿した記事というよりも、Facebookページに投稿した文章を多少編集して、ブログ記事にしたものなので、Feedly で評価されることを計算して狙ったわけではないのが、なかなか興味深いところではないでしょうか。

まさに自分がやりたいと思った事をやりきった後に思わぬ報酬が手に入った感じです。

今回の報酬リスト:Spotify、Feedlyでの高評価

今回の報酬は世の中的にはそれほど大きな報酬ではないと思うのですが、自己評価的にはかなり高くなったと思いますね。

エフィカシー

img_streaming02

映像機器特集|インターネットライブ配信編|島村楽器オンラインストア http://store.shimamura.co.jp/shop/pages/00visual-equipment_03.aspx

どうも。脱・奴隷ライフ!管理人Navatar です。

昨日は、ライブ配信とブログ投稿がどちらもできませんでしたね。

なるべく両方か片方、または日本人のための脱・奴隷コミュニティなどの各種ソーシャルメディアでの情報配信が滞らないようにしていこうと思っています。

日々の情報配信においても、どんどんやれるだけやっていこうと思っていたのですが、どうしても睡眠時間の確保などの制約があるので、時間的にはかなり制約があるように感じています。

今のところブログ投稿した内容をライブ配信でとりあげれば、両方の更新と配信が同時にできていいのではないかと思っているのですが、どうでしょうかね。

今日はライブ配信で話せるかどうかわからないのですが、やはり自分の伝えたい内容をブログやソーシャルメディアにテキストで流す場合、どうしても大幅にカットしないといけないところもあるので、そのあたりを伝えれればおもしろいと思っています。

健康の事もあるので、毎日配信し続ける事が可能かはわからないのですが、そのあたりはバランスをみながらやっていこうと思うので、どうぞよろしくお願いします。



spotify

こちらの投稿では、やりたいことを我慢せず、やった結果起こった事を書いていきたいと思います。


できる限り簡潔に書きたいですが、長くなる場合は、ブログ記事やライブ配信の話題にするかもしれません。


先日ライブ配信の復旧活動で、WBCの解説するという企画をやりはじめたのですが、いろいろ言い訳が沸いてくる中で、やり遂げたわけですが、思いがけない副産物を手に入れた話しです。


WBCのテーマ曲に、Journey の Separate Ways という曲があるのですが、この曲が心に残りYouTubeで検索したところすぐに発見して、ダウンロードしてライブ配信で使ってみました。


それで、そのあと Spotify という音楽ストリーミングサービスを発見して、その曲がストリーミングで聴ける事がわかったんですよね。


それで早速 iPad を使って、Spotify をインストールして、楽曲を聴ける状態にしてみました。


ここまでの一連の流れなのですが、実は自分がやりたいと思ってリスト化していたことに、新しい音楽ストリーミングサービスの利用が入っていたんですよね。


今回はWBCを利用してライブ配信の復旧をなんとかやったのですが、その結果として新たなるやりたいと思っていた事が実現できたという事例でした。


自分は苫米地式コーチングでは、ロックオンとロックアウトという法則性を学んだのですが、自分がやりたいと思ってやった後には、やはり自分がさらにやりたいと思ったことがあるんだなと思いました。


自分のやりたいことを我慢した先に、もっとやりたいと思ったことが待っているのではない。


自分のやりたくない事をリスト化して、いくらこなしてもやりたいことは出てこない。


やりたくもない雑事をいくらこなしても、その先にやりたいことは待ってないわけですね。


ドラクエだと、いくら雑魚のスライムを無限に叩いてもラスボスにはたどり着けないのと同じかもしれませんね。

ドラクエ地図

blog

脱・奴隷活動による情報配信を開始してから、そろそろ1年ほど立ちますが、最近だとライブ配信の復旧、ブログでの補足とできうる限り、配信そのものが滞らないようにすることを重視しています。

ブログなどは、もう少しうまく記事の更新を続ける方法なども学んできてはいるのですが、まずはブログ自体が閉鎖にならないような態勢を整えていければと思っています。

今日はFacebookライブで、またライブ配信をやる準備を整えているので、できる限り練習を積んでいきたいと思っています。

facebook-live-logo2-1920

↑このページのトップヘ