日本人のための脱・奴隷ライフ!

脱奴隷ライフ!執筆者のナバター(名畑智彬)です。 苫米地英人博士の書籍、青山龍コーチのビジネススクール、池田潤さんのイケジュンジム、TPIE、PX2などの各種ルー・タイス氏のコーチングプログラムで学んだ事をベースに世の中からの脱奴隷マインドを広めていくためのブログになります。 世の中に仕組まれた様々な洗脳ワールドから抜け出したくなる脱奴隷マインドになっていく情報を投稿していこうと思っています。 よろしくお願いします。

各ブログ記事への質問、感想、お問い合わせは、新しく開設したLINE@アカウント脱奴隷ですゝぬから。誤字・脱字などによる文章の訂正依頼などにもできうる限り応じていきますので、よろしくお願いします。

脱奴隷ですゝぬ
https://line.me/R/ti/p/@kkg0153r

タグ:Facebook

 

この間のブログ記事で、Facebookの問題点を指摘した記事を投稿したのですが、いかがだったでしょうか。


【動画アーカイブ】マトリックス社会


YouTubeでFacebookの問題点を解説した動画を引用したので、かなり問題を浮き彫りにした感じではあるのですが、報道でも自分の場合はけっこうFacebookに関する話題は目にしますね。

もちろん別にFacebookだけが問題ではなく、ソーシャルメディア全般に関する事ではあると思うのですが。

ウォール・ストリート・ジャーナルの記事で、Facebookのメンタルに悪影響を与えている記事があったので、紹介したいと思います。


フェイスブックはわれわれを不幸にするか?

http://jp.wsj.com/articles/SB12741019684339324672104583168521902623656


米国の疫学専門誌「アメリ力ン・ジャーナル・オブ・エピデミオロジー」に最近掲載された研究によると、それは良くないようだ。フェイスブックを使えば使うほど健康度が下がり、人生に対する満足感が低くなるという。はっきり言えば、「いいね!」を押せば押すほど気分は悪くなるということだ。

記事によると、Facebook使えば使うほど、メンタル面に悪影響があるということが指摘されています。

まだソーシャルメディアと人間のメンタルへの影響の研究は始まったばかりでしょうけど、自分の実感としてもFacebookで否定的なコメントをされた時には、メンタルに悪影響があることは間違いないので、もしかするとFacebookは利用しない方がいいのかもしれません。

まぁ自分の場合は、MessengerとFacebookグループ、Facebookページ、Instagram に関してはうまく使っていこうとは考えていますが・・・


結局使うにしても、使わないにしても、自己責任でということでしょうか。

記事には、最後このように書かれています。


それでも、さらなる研究が必要な部分も残されている。例えば、この研究で、ネット上のソーシャル活動が健康や満足感に悪影響を与えていたのはなぜかという点だ。


クリスタキス教授が共同執筆した2016年の論文では、同じソーシャル活動と長寿との間に相関性があると指摘されていた。同教授によると、結論は、実社会でのやりとりをネット上の接触に置き換えることがメンタルヘルスの脅威になり得るということだ。


「人々が本当に必要としているのは、真の友情と真のやりとりだ」


と同教授は述べている。


この問題に関しては、また取り上げてみようと思います。

以前にもブログ記事にしましたが、実際にFacebook個人ページでの情報配信を中止します。

今のところ今後一切の配信を個人ページではやらないようにしていく感じです。

【動画アーカイブ】情報配信(特にFacebook!)の一時休止のお知らせ - 日本人のための脱・奴隷ライフ!

http://de-slave.blog.jp/archives/15647937.html

上記の記事で書いたのですが、今のネットサービス全般であまりにも情報発信をする側が、情報の受け手からネガティブ反応を受け取ってしまうリスクが高すぎるので、これは大きな課題であると感じていたのですが、それを問題と感じたのか、Facebookがその情報の受け手の反応をさらに他人評価する仕組みを進化させていました。

他人評価を高く評価する

これはとあるFacebookグループに対して、自分が書き込んだ反応なのですが、これだけの短いコメントにも3件のいいねがついてました。

これはFacebook側が他人のコンテンツをどう評価するかを第3者がさらに評価する仕組みを導入している証拠であると自分は思いました。

今思うと、Amazonの商品レビューにも、他者のレビューをレビューする機能がありますよね。

Facebookなどだと、情報発信している側のコンテンツを高く評価する人が当然プラットフォーム側としても、良い人(良いアカウント)であると判断するでしょう。

逆に他人に厳しすぎて、つい罵倒したり批判的になってしまう人は、情報の配信者側に疎まれるので、コメントなども削除されてしまい、挙句通報されたり、ブロックされたりして、プラットフォーム側に低評価扱いされる恐れがあると思います。

ちなみに自分の場合、YouTubeではすでに先読みして、そのような仕組みになると思うので、基本的にすべて他人のコンテンツは高評価しています。

他人のコンテンツを高評価している反応なども高評価しています。

逆に他人を罵倒しているアカウントは、YouTube側に通報したりして、コメントを削除したりしています。

この仕組みがいいか悪いかはわからないところですが、YouTubeの再生数であれ、Facebookのいいね数であれ、他人評価ですべて決まってしまうという現状なので、自分がコントロールできる部分に関しては、うまくやっていければと思っていますね。

他人評価を高く評価する2

 


脱奴隷ライフ!読者のみなさんどうも。

 

書き手の Navatar です。

 

2016年から日本人向けに脱奴隷!というスローガンの元、情報配信をやっているのですが、昨日(2017年5月17日)「なぜオプティミストは成功するのか」という書籍のとある検査を行ったところ、メンタルがかなり悪化していることが判明してしまいました。

 

書籍のワークを積極的に取り入れたり、コーチングを実践したりすることを通して、2週間ほど自分で改善策を取ってきたのですが、結果としては、良くならなかったというのが事実になります。

 

2週間ほどは、書籍のワークをガンガンやったので、基本的にはメンタルの改善がなされるはずだったのですが、この期間に実は個人的に情報配信(Facebook)で問題が発生したのです。

 

Facebookでシェアしていたコンテンツに立て続けに3件ほど同じ方からコメントがあったのですが、1件だけならたまたまでしょうけど、3件ともよく見ると、こちらのエフィカシー(自己評価)を下げてくるコメントである事が判明しました。

 

まぁFacebookであろうが、Twitterであろうが、YouTubeであろうが、そのような否定的な反応はある程度織り込み済みとはいえ、自分が基本実名でコーチングやメンタルの話題をリスクをとって、情報コンテンツを配信しているのにも関わらず、それに対して適当な流し読みだけで、否定的な反応を配信側に直接してくるというか、簡単に批判などをできてしまう今のソーシャルメディアにかなり危惧を感じました。

近況報告~インターネットのおけるメンタルテロリストたちへ~

http://de-slave.blog.jp/archives/15588303.html


ソーシャルメディアでは、日常茶飯事とはいえ、人間同士が使っているメディアで簡単に相手に反応を返せるというのは、良いところではあるとは思うのですが、悪意のあるつまり相手のエフィカシーを意図的に下げるような反応を返すことも非常に簡単で、実はこちらの方がはっきりいってマインドを使わず、思考停止状態で何も考えずにできるので、とても楽なのです。

それこそ餌をあたえられれば、何も考えず近づいてきて食べるペットと同じですね。

 

これは無意識レベルで習慣的にやってるのか、それともマインドを使って、意図的に意地悪でやってるのかはわからないのですが、どちらであれ相手の自己評価を下げることが目的になっているので、普通はすぐにわかって、反応された側は不快になるでしょう。

 

今のネットは、このような人の自己評価を下げる反応は自動的にフィルタリングする機能はなく、結局自力でフィルタリングするしかありません。

 

Google、Facebookなどのプラットフォーム側に明らかに都合の悪い情報は自動的にAIがフィルタリングしてくれますが、基本情報コンテンツの発信者に対するネガティブなリアクションまでは現状自動フィルタリングしてくれず、発信者側が手動でフィルタリングしないといけないので、大きな心理的負担になっていることでしょう。

 

以前のブログにも書きましたが、ただコンテンツを受け取って反応する側が発信者に批判的な反応をする事が簡単すぎるのが問題だと思うのです。

例え3分程度で観れるの動画であっても、発信者側はそれなりに内容を考えて、まとめて作っているはずです。

 

それに対して否定的な反応をする側は、なんとわずか数秒でできてしまうのです。

(まぁ時間をかけて、ネガティブな反応をするのは、OKというわけではないですが。)

 

このネットのカラクリを実際に体感してしまうと、発信者は常にネガティブな反応を受けながら、情報配信をしなければいけないという環境に置かれてしまい、どんどん自分の発信したいコンテンツができなくなってしまうという状況になるわけです。

 

実際に毎日情報配信をしているような方に聞いたわけではないので、推測でしかないのですが、かなり内心ビクビクしてコンテンツを配信しているはずです。

(それこそ内心なので、無意識レベルかもしれません。)

 

演出がうまいエンターテイナーな方は、そのあたりもうまくやっているのですが、結局ネットでも自分の本音を隠して、情報配信しなければいけないというネットのカラクリを今回身をもって体感しましたね。

 

自分もしばらくとりあえずFacebookの個人ページに関しては、情報配信そのものを休止してやろうと思っています。


Facebookダメ_thumb



どうも。Navatar です。

最近Facebookライブ、YouTubeライブ、ニコ生、ツイキャスなどでライブストリーミングを続けてきているのですが、ちょっと垂れ流し配信になることが多いなって感じてましたので、いよいよリスナーさん側からの質問、相談などを受けつけようと思いました。

ライブ配信に質問に関しては、誹謗中傷などのスパムはまず論外として、基本的には脱・奴隷、コーチング(苫米地式、ルー・タイスメソッド中心)に関する話題のみに絞って取り上げようと考えています。

質問の受付先ですが、基本的にはMail、Skypeそれ以外だと、Facebookページのメッセージ、twitterのDMでもOKとしときます。

メールの質問や相談などがある場合、
  1. 名前(非実名でも可能、ソーシャルメディアアカウント名など。捨てアカウントは不可
  2. 質問内容(脱奴隷コンテンツ・苫米地式コーチング・メンタルに関する事)
  3. どのライブストリーミングサービスを閲覧したことがあるか。

これらは必ずお伝え下さい。

連絡先は、こちらから。

Mail:darthnavatar@gmail.com 

Skype ID:
tomoakinabata

続きを読む

最近Facebook、YouTubeでライブ配信を継続的にやっていたのですが、自分の利用している Xsplit というライブ配信アプリが配信中にクラッシュしてしまい、途中で配信が止まってしまいました。

今まで設定していた機能が全部アプリが落ちたことによって、デリートされてしまったので、また最初から設定してやらないといけないという状態になってしまった感じです。

ライブ配信をするためのアプリのセッティングは割りと得意な感じで、そこまで苦ではないのですが、こういう何十年前から起きている初歩的なバグが発生すると、正直うんざりしてくるので、今後は何とかしてこういう事態が起きないようにしていかないと思います。

まぁ10年前と比べれば、ライブ配信による情報配信なんて手も足もでなかった経験からすると、これだけライブ配信サービスが乱立して、PCやスマートデバイスから配信できるようになったので、あまり悲観的にならずに、やっていこうと思います。

PCからのライブ配信に関しては、しばらくお休みするかもしれないですが、今回のライブ配信アプリのクラッシュに関しては、音声動画などで対応していこうと思います。

Xsplit Capture






ちょっと中断していたYouTubeチャンネルとFacebookページでの動画投稿を再開しました。

以前Podcast、なぜ人は変わるのか(Facebookグループ)でやっていた音声コンテンツをYouTube、Facebookページで再生できるようにした感じになります。

今後もライブストリーミングのアーカイブと平行して、アップロードしていこうと考えているので、よろしくお願いします。

Movie

facebook-live-logo2-1920


先日クラウドファンディングプロジェクトの活動のために用意したFacebookグループ「なぜ人は変わるのか」で、実験ライブ配信を定期的に行なっています。

なぜ人は変わるのか(Facebookグループ)
https://www.facebook.com/groups/nazehito/

なぜ人は変わるのかメンバー募集ページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/nazehito 

メンバー募集ページにライブ配信のアーカイブ動画の一部を紹介しているのですが、あくまでサンプルバージョンなので、実際のなぜ人は変わるのかのライブ配信とは大きく異る可能性もあります。

実は最初はYouTubeライブのURL限定配信で、ライブ配信をやろうと思っていたのですが、Facebookライブでもメンバー限定でライブ配信が可能になるセッティングを発見したので、当初の予定を変更してFacebookライブで配信することにしたのです。

あとこれはYouTubeで動画投稿をしてない方はわからないと思うのですが、実はYouTubeはすでにテレビ局の自主規制と同様の表現の規制が始まっているのです。

もちろん表向きは、著作権保護、ヘイトスピーチ禁止、スパム行為の排除が理由だと思うのですが、当然Googleなどプラットフォーム側に都合の良い情報のみがインターネット上に出回るようにフィルタリングがされているわけです。

これは不快なコンテンツが排除されるという良い面もある一方、多くの人に知られるべき情報がインターネット上に広まらないという一面もあるのです。

実際自分も何度かそれで動画が配信できないことがありました。

投稿者側からいえば、動画が配信できない=言論統制といえるでしょう。

Google、YouTubeなどプラットフォーム側の都合の悪い情報は配信するなという事です。

もちろんメンバー限定Facebookグループであれば、言論統制されないというわけではないのですが、そのあたりのリスクを少なくすることはできるでしょう。

ということで、GoogleやYouTubeを敵に回しても脱・奴隷活動が続けていけるようしていきますので、よろしくお願いします。


YouTube-icon-full_color


svg


 続きを読む

social media



日本では、コミュニケーションインフラになったLINE。

利用者数(アプリのDL数)だけなら、Facebook、Twitterをしのぎ、1番使われているコミュニケーションメディアとなっているのは間違いないだろう。

基本的には日本人がスマートフォンでコミュニケーションを取ろうとすると、LINEが使われるのが一般的であるといえるだろう。

メールやFacebookも機能的には良いのだろうけど、メッセンジャー機能だけなら、LINEがメインになりそうだ。

別にLINEがスマートフォンのコミュニケーションインフラのトップになることはいいのだけど、問題は利用者側がすべてをLINE頼りになってしまうことではないだろうか。

初期LINEは気軽にメッセンジャーがスマホで使えるということと無料通話がメインであったと思うのだけど、今やゲームから仕事探しに、ショッピング、決済手段にまで多岐に展開している。

これからインターネットを利用しようという世代の人にとっては、スマートフォン、LINEからインターネットの世界に入ってくるという感じになる。

IE、Chromeとかのウェブではなく、それがLINEオンリーになるという感じだろうか。

そうなると、LINEユーザーにとっては、インターネットはLINEだけでいいよねってなり、LINE以外使いませんとなってくるわけですな。

自分のFacebookメッセージにも、よくLINEでやり取りしませんか?

などというメッセージが来るわけですが、Facebookという実名ベースのプラットフォームでメッセージがやり取りできるようになっているのに、なぜわざわざLINEでメッセージのやり取りをしようとするのか自分的にはよくわからない。

Facebookでは、おそらく出会い系の商材などを売り込むとアカウント削除などの措置になってしまうので、比較的にそういうのに甘いLINEに誘い込み、変な商材を売り込もうとする輩なのだろうか。

LINEしか使わないという人は、こういうのにも引っかかりそうだし、そういう事をビジネスにしてしまいそうだ。

まぁ別にLINEだけに限らずだけど、1つのメディアに依存しすぎるのは、リスクが高いという事。

マスコミ報道だと、テレビだけを見ていると、良くないというのと同じ感じだろうか。

情報収集も全部LINE、情報配信も全部LINEというのは、明らかにヤバイと思うのだけど、どうだろうか。

世界的なプラットフォームをみても、LINE以外にソーシャルメディアではFacebook、Twitter、Instagramなどがありますし、メッセンジャーでも WhatsApp、Skypeなどのサービスもある。

LINEで流れるニュース以外にも、ニュース専用アプリやNewsPicksのようなニュース専門メディアもある。

もちろん全部をフォローしていくことは不可能なのですが、LINE以外にもいろいろな情報が世の中にはあるということは知っておいた方がいいでしょうね。

 LINEのフレンドが流すタイムライン以外にも、Facebook、Twitterで流れるタイムラインもあれば、個人がブログで無料の貴重な情報を発信している事もある。

まぁ自分もFacebookへ少し依存しすぎるのは、ちょっと危ないのではないかと考えているのですが、Facebook、メッセンジャー、Instagramあたりをやってると、どうしてもFacebook依存にはなってくる。

LINE依存同様、Facebook依存にはならないようにしていきたいところ。

 
続きを読む

facebook-live-logo2-1920


Navatar です。

日本人のための脱・奴隷コミュニティなどでライブ配信を開始して、約6ヶ月ほど経ちました。

Facebookページ以外でも、ライブ配信や動画投稿のアーカイブ動画が大量にあります。

Facebookページが主な活動拠点のようになっているのですが、その他にもYouTubeとツイキャスでもライブ配信や動画投稿が100本をいつの間にか超えてました。

日本人のための脱・奴隷コミュニティ動画一覧(Facebookページ)

NavatarのYouTubeチャンネル

日本人のための脱・奴隷ライブ!(ツイキャス)

ライブ配信はそれぞれのサイトにアーカイブ動画が自動的に残るのは便利ではあるのですが、基本的に無編集バージョンのムービーがそのまま残ってしまうので、ライブ感のない長時間動画になってしまうのは、個人的に課題に感じています。

自動的にダイジェストが編集できるような機能が搭載されれば、良いのでしょうけど。

まだそこまでのテクノロジーは出てきてませんが、将来的には出てくるでしょうね。

それまでは各自それぞれが地道に編集するしかないでしょうか・・・

あと問題なのがライブ配信だと、編集なしでそのまま流れてしまうので、のちに

「これは配信しない方が良かった・・・」

と思った配信がけっこう思い当たります。

ライブ配信なので、やはりその時のメンタルがそのまま出てしまうのです。

常にエフィカシー高く、ポジティブに配信できればいいのですが、やはり人間ネガティブな時もあるので、そういう時は無理して配信しない方が良いと個人的には思っています。

ライブ配信にかぎらず、それはソーシャルメディア全般に言えることでしょうか。

リアルタイムのライブ配信でも、今後は配信禁止コードのようなフィルター機能が搭載される可能性もありますね。

というか編集がめんどいので、搭載して欲しいです。

個人のライブ配信だと、放送事故ならぬ配信事故が起こりうるインターネットでのライブ配信なのですが、それはそれでライブ感があって良いので、可能な限り今後も続けていきたいと思っています。


続きを読む

Facebook Page


日本人のための脱・奴隷コミュニティからの引用になるのですが、主に企業や団体向けのFacebookページなんですが、データ上あまり関心が持たれていないという事がデータ上明らかになりました。

コツコツとBLOGやTwitterのように毎日更新を続けることがページ登録者の関心を惹きつけるコツのような気がします。

しかしFacebookページの模範となるべきFacebook日本公式ページなどは、1週間にたった2件の投稿しかないという有様です。

政治動画で有名なKazuya氏のFacebookページの投稿はすべて基本的に動画でしかもほぼ毎日アップされています。

これだけやれば、非常に高いエンゲージ率を叩き出すことが可能なようです。

ちなみにFacebookページでは、どういったタイプの投稿がエンゲージが高いということがアクセス解析で表示されていて、自分のFacebookページの場合では、通常はテキスト投稿⇒リンク投稿⇒ビデオ⇒写真⇒ライブ配信という順にユーザーのエンゲージの数値が高いという事が表示されています。

Facebookページエンゲージメント2


なので、自分の場合はできうる限りはライブ配信ベースのコンテンツ作りを今後中心にしていきたいと考えているわけです。

まぁ別にテキストベースのコンテンツがオワコンってわけではないのですが、今後はやはりライブ配信中心のコンテンツが増えてくると予想しています。

今後個人がもっと簡単にライブ配信ができるようになれば、確実にメインストリームになると思うのですけどね。

最初に表示されている画像では、日本人のための脱・奴隷コミュニティのエンゲージメント数、率ともに、以前より増加しつつあります。(2016年10月現在)

Facebookページエンゲージメント

工夫次第では、いいね!数よりもエンゲージメントの数値が高くなる事もあるようなので、常にそれくらいのアクティブユーザーがいるような情報空間をコンフォートゾーンにしていきたいですね。

 
続きを読む

↑このページのトップヘ